« 播州弁 その十八 程度を表す言葉 | トップページ | 文楽の振興のためには »

2012年8月20日 (月)

現代の武士の商法の危うさ

明治維新以後、失職した武士たちは、生きるために、ビジネスを仕掛けた。しかしながら、そのビジネスは、あまりにも現実を知らないものだから、当然うまく行かない。それを武士の商法と言って、からかった。

ところが、現代でも、武士の商法をやって失敗している企業がある。欧米的経営手法を取り入れ、机上の計算で、利潤極大化を目指して、ある大企業は困難な状況に直面している。顧客現場を知らずして、ホワイトカラー的な発想をすると、必ず失敗する。一流大学出身(特に東大出身)がトップになると、往々にして、企業は衰える。

それは左脳に依存するからだろう。確かに会計上の理屈は合っているが、企業組織はなま物。人間という感情を持った人の集合体であることを忘れると、不思議と顧客と遠くなり、経営は傾く(*注)。長期的視点を持ちつつ、現場、現実、現象に、いかに対応するか、経営者は、いつも問われていることを忘れないで欲しいものだ。

*注

上記の企業の場合、それに加えて、需要の見誤り、市場の見誤り、先行企業としての経営者の過剰な自信、過剰先行投資、二番手ライバル企業の能力の見誤り等がある。基本的には、攻めの経営に比重がかかり過ぎ、守りの経営の視点が欠如していた。

|

« 播州弁 その十八 程度を表す言葉 | トップページ | 文楽の振興のためには »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播州弁 その十八 程度を表す言葉 | トップページ | 文楽の振興のためには »