« 半身達磨図のこと | トップページ | お婆さんと饅頭 »

2012年8月24日 (金)

去来するを休めよ

今回は、「直指人心 見性成仏」と内容は近いけれど、次の詩を掲げよう。

  你(なんじ)に勧む 去来するを休(や)めよ

     他の閻(えん)老を悩ますこと莫(な)かれ

     脚を失いて三途に入らぱ 

  粉骨1千擣(とう)に遭わん

  長く地獄の人と為り

  永く今生の道を隔てん

  你に勉(すす)む余の言を信じて

  衣中の宝を識取せんことを

上記の詩は、『寒山拾得』にあるものだ。内容は、「お前さんに勧めるのだが、あちらこちらにうろうろ、うろつくのはお止めにしなさい。例の閻魔大王を困らすようなことはしてはいけない。足を踏み外して三途の川に落ちたなら、骨は、1千回搗かれて、粉々になってしまう。そうなれば、長く地獄の人となり、永久に、この世とはおさらばだ。私の言うことをよく聞いて、それを信じ、衣服の中にある(すなわち心の中にある)本当の宝をよくよく考えて、我がものにしなさい」という感じかな。

流風も、あちらこちらにうろうろするのが好きだが、結局のところ、あまり得られるものはないのは確かだ。でも、あんまりじっとしているのも、健康によくない。そういう言い訳をして、またいつものように出かけていく(笑)。危ない、危ない。多分、まだ人生修行が足りないんだろうね(*注)。

*注

念のために記すと、もちろん、この詩は、そういう意味ではない。あくまで、心の問題。

 

|

« 半身達磨図のこと | トップページ | お婆さんと饅頭 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半身達磨図のこと | トップページ | お婆さんと饅頭 »