« 対日米国外交の基本戦略と日本 | トップページ | 企業は中国から撤退する最大のチャンス »

2012年9月28日 (金)

アンディ・ウイリアムスの訃報

あのアンディ・ウイリアムスが亡くなったようだ。あの甘い声は、ペリー・コモ、パット・ブーン同様、母が好きだった歌手の一人だ。父も、それに影響されて好きなようであった。いや、母は洋曲が好きだった父の影響を受けているのかもしれない。

あのオードリ・ヘップバーンが娼婦役を演じた『ティファニーで朝食を』の主題歌「ムーン・リバー」も、彼は歌っていた。あのゆっくりとしたハーモニーは流風も好きで、よく聴いたものだ。映画の方は、ずっと後になって、テレビで視た。映画では、オードリ・ヘップバーンが歌ったことにしていたように思うが(*注)。

流風にとって、もっと身近な曲は、やはり映画『ゴッドファーザー』の「愛のテーマ」であろう。映画の内容とは、そぐわない感じなのだが、あの盛り上げる曲調は、当時、なかなかいけると思ったものだ。彼の歌いあげる感じがとてもよかった。

彼のテープは、若い時に買ったと思うのだが、探したところ、見つからなかった。多分、テープが駄目になって処分したのだろう。彼の曲は、疲れた時、気分を和らげてくれる効果があったと思う。今で言う、「癒し効果」のある美声だった。享年84歳。ご冥福を祈る。

*注

ネットを見てみると、あの歌はオードリー・ヘップバーンが歌っていたと解説しているものもある。以前、歌は吹き替えだと聞いた記憶があるのだが、真偽のほどは確かではない。

|

« 対日米国外交の基本戦略と日本 | トップページ | 企業は中国から撤退する最大のチャンス »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 対日米国外交の基本戦略と日本 | トップページ | 企業は中国から撤退する最大のチャンス »