« 経済紙の偏向報道 | トップページ | 軽減税率は脱税の温床 »

2012年9月13日 (木)

物事には順序がある

大阪維新の会が、国政に進出するため、政党を設立したようだ。ただ、以前にも指摘したように、前のめりの政治は危うい。確かに、橋下氏の発言は聞いていて面白いし、庶民受けはするだろう。維新八策とかいう党の綱領も、それはそれなりに期待できるものかもしれんない。

ただし、国政の現実は違う。大体、大阪で、大した実績もなく、いきなり国政に行くのはどうかと思う。確かに国と地方のせめぎあいの中で、フラストレーションがたまるのは分る。しかし、それを動かすのも、政治家の手腕。それもできないで、国政に進出したところで、結局、何もできないだろう。

国政に出馬予定者のリストを見ても、政治経験に浅く、どれほど政治を理解しているか疑問が多い。橋下氏は確かに、近年、稀に見る強かさを備えた政治家ではあるが、彼一人で、政治を動かせるわけでもない。

となると、、次の選挙で議席を確保しても、大したことはできないだろう。急ぐ気持ちは分らぬでもないが、じっくり地方政治で実績を挙げてからでも、国政進出は遅くはなかったはず。現在は、政策の内容が見えないけれど、イメージで期待感が高まっているだけだ。いずれ、拙速な改革は、混乱を招き、今、支持している人々にも、同意は得られなくなるだろう。

今までも、国民は新党に甘い夢を見せられたが、結局は、皆、中途半端だった。実績が上がるより、政治は停滞したというのが実際だろう。今、国は、そんな余裕はないはず。それなら地方から、国を動かす努力をした方が効率的だが、橋下氏は、辛抱できなかったようだ。新党に過大な期待はできないだろう。

|

« 経済紙の偏向報道 | トップページ | 軽減税率は脱税の温床 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経済紙の偏向報道 | トップページ | 軽減税率は脱税の温床 »