« 制度改革と目薬 | トップページ | 『第1回姫路まちなかバル』について »

2012年10月29日 (月)

『ひめじ国際交流フェスティバル』に行く

昨日、2012年10月28日に、姫路の大手前公園で、『第17回ひめじ国際交流フェスティバル』が開催されていたので、行ってきた。午前中、激しい雨で、開催が危ぶまれたが、昼ごろから雨が止み、行ってみると多くの人が集まっていた。

会場は、「多文化共生ひろば」、「世界の遊び」、「世界の料理」、「姫路発信ゾーン」、「異文化体験」、「ステージパフォーマンス」等のコーナー分れていた。いつも見る風景である。学生や高齢者の方が中心になって、運営されている。

こうして見ると、姫路にも、いろんな国の人が住んでいるのだなと思う。確かに、近所には国際結婚のカップルがいるし、最早、当たり前の姿なのかもしれない。それでも、世界の多くの国があり、その多くは日本人に知られていないだろう。

こういう催しも、そういう意味では悪くない。当日は、安い料金(一食150円。但し、料理の販売という扱いではない)で、各国の料理を味わった。あまり知らない国の料理を味わえたのはよかったと思う。

ただ、各国の紹介パンフレットは、あまり置かれていなかったし、旅行案内のパンフレットもなかった。もっと旅行業者とのタイアップが必要ではないかと思う。観光案内と催しをドッキングしてもいいと思う。

*追記

2015年の『ひめじ国際交流フェスティバル』の予定は、10月25日(日)。時間が許せば、寄ってみようと思う。

|

« 制度改革と目薬 | トップページ | 『第1回姫路まちなかバル』について »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 制度改革と目薬 | トップページ | 『第1回姫路まちなかバル』について »