« 相手を見ないということ | トップページ | 塞翁が馬~山中伸弥京都大学教授 »

2012年10月 8日 (月)

政宗の倹約

倹約は、いつの時代にも、大切な生活姿勢だ。伊達政宗も、その方法を示している。

  気長く、

  心おだやかにして、

  よろずに倹約を用い、

  金銭を備うべし。

  倹約の仕方は、

  不自由をしのぶにあり。

  この世に客に来たと思えば、

  なんの不自由もなし。

要するに、天から与えられた生と思い、ゆったりとした心構えで生活すれば、あれも欲しい、これも欲しいという心は、抑えることができる。妙に心を刺激しないことがいいのかもしれない。

|

« 相手を見ないということ | トップページ | 塞翁が馬~山中伸弥京都大学教授 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相手を見ないということ | トップページ | 塞翁が馬~山中伸弥京都大学教授 »