« 腰の高い人 | トップページ | 性悪説の時代 »

2012年10月 2日 (火)

話上手な人

流風は、話上手ではないので、話上手な人を見ると、いつも羨ましく感じる。しかし、ある人によると、話上手な人は、思考が緻密ではないとのこと。だからと言って、流風が緻密かと言えば、とんでもない。このブログでも、日々の心の動き同様、全体として見れば、統一感のないことは確かだ(苦笑)。

でも、話上手でなくても、悲観することはない。確かに、相手に伝えるには、話せないといけないが、言葉が多くても、その話に内容がなければ、いずれ人は離れて行ってしまう。相手を説得する時にも、論理的裏付けがなければ、最終的には、説得は難しい。話上手が必ずも営業で成功するとも限らない。

確かに、話上手な人は、周囲を賑やかにはするが、それは意味のない娯楽に近い。女性には失礼かもしれないが、多くの女性のおしゃべりも、そうしたものだろう。ただ、多くの人が、話下手ばかりでも、それはそれで面白くないという人もいるかもしれない。しかしながら、人は言葉を与えられて、考えなくなったと言われないようにしたいものだ。

|

« 腰の高い人 | トップページ | 性悪説の時代 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腰の高い人 | トップページ | 性悪説の時代 »