« 未得の金 | トップページ | 『ひめじ国際交流フェスティバル』に行く »

2012年10月28日 (日)

制度改革と目薬

国に限らず、企業も制度改革に迫られることがある。ただ、この制度改革、一遍には進まない。結果を急ぎ過ぎると必ず失敗する。じっくり、じんわりと改革を進めていくことが成功の秘訣だ。ともすると、改革担当者は結果を急ぎ過ぎるが、腰を据えて、辛抱強く進めていくことが大切だ。

これは目薬をさし過ぎると、多くが流れていくようなものである。やはり適量を眼にさし、効能はじわじわと期待するしかないのだ。多くをさし過ぎると、多くは無駄になり、経済的にも効率が悪い。毎日、少しずつがいいのだ。制度改革も、人々の意識は少しずつ変わるので、それに合わせるようにすることが大切だ。

|

« 未得の金 | トップページ | 『ひめじ国際交流フェスティバル』に行く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未得の金 | トップページ | 『ひめじ国際交流フェスティバル』に行く »