« 凡人の成功 | トップページ | ガラパゴス文化 »

2012年10月18日 (木)

反日教育する国とは組めない

中国にしろ、韓国にしろ、反日教育を続けている。彼らは歴史を直視せよというが、歴史を捻じ曲げているのは彼らだ。彼らは歴史を捏造して、国民に嘘の教育を施している。歴史のほんの一部だけを切り取り、それを大きく捏造して、国民に教育しても何にもならない。国民は、間違った教育を受けて、日本を正しく理解できないから、相互理解からは程遠くなる。

歴史は、点でなく、線や面で捉えなければならない。そこに指導者個人の感情を持ちこむことは、国を誤らせる。その間違いをしているのが、中国や韓国であろう。歴史的事実を無視した歴史の捏造でも、嘘も百回言えば真実になると彼らは思っているらしい。世の中に真実は一つしかない。客観的な目で歴史を評価しなければ、正しい知見に導けない。

そのことに気付かず、反日教育をする国々とは、政治でも、経済でも組むことは難しい。彼らが猛省しない限り、日中、日韓関係は安定しないだろう。日本の政治家は、自民党政権時代から、この点について認識が甘く、相手国を増長させてきた。今後は、組むべき国を、きちんと把握して、政治を執り行うべきだろう。

*追記

最近も、上海駐在の日本人が中国人に襲われている。報道はされないものも多いが、こういう事件は各地で頻発しているようだ。こういう事件を聞くと、反日教育に煽られた中国人が多く、民度の低さを感じる。その点、韓国の方は、反日教育はされているものの、あまり聞かない。

*追記

中国では反日教育されていないという意見があるが、むしろ1994年から反日教育は強化されている。それは感情的な教育も含む。

|

« 凡人の成功 | トップページ | ガラパゴス文化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凡人の成功 | トップページ | ガラパゴス文化 »