« それぞれの働き | トップページ | ほら吹き学者もどき世間を騒がせる »

2012年10月15日 (月)

『赤松円心、則祐展』観覧

少し前に、拙ブログで「反逆の人~赤松円心」として、取り上げたが、兵庫県立歴史博物館では、平成24年10月13日から、特別展として、『赤松円心、則祐』展が開催されている。先日、一応観てきた。

ブログでは、赤松則祐(そくゆう)のことは、あまり取り上げなかったが、展覧会では、彼の果たした役割も大きいとしている。図録を読んでいくと、円心にしろ、則祐にしろ、権力闘争の複雑な方程式を解く名人であったことは確かなようだ。

底にあるのは、思考の柔軟性であろう。自分の強い意志は通しながら、その手法は縦横無尽だ。基本的な人間関係は大切にしながら、いかに自分の意思を意志を通すか。これは現代人にも通ずる課題だ。彼らの生き方を通じて学べるものはあると思う。

*参考

展覧会は、平成24年10月13日から12月2日まで。

なお、特別展の講演会が、下記日程で行われる。

  ◎平成24年10月21日(日)  午後2時より

    『赤松円心・則祐と護良(もりよし)親王』

    講師:市沢哲氏

  ◎平成24年11月17日(土)  午後2時より

    『播磨守護赤松氏と矢野荘の人々』

    講師:伊藤俊一氏

|

« それぞれの働き | トップページ | ほら吹き学者もどき世間を騒がせる »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それぞれの働き | トップページ | ほら吹き学者もどき世間を騒がせる »