« 政宗の倹約 | トップページ | 2014 NHK大河ドラマ 『軍師 官兵衛』に決定 »

2012年10月 9日 (火)

塞翁が馬~山中伸弥京都大学教授

京都大学教授で山中伸弥iPS細胞研究所長が、iPS細胞の作成から、わずか6年で、ノーベル生理学・医学賞を受賞されたということで、国内が沸きかえっている。各種報道から、一般人の流風が感じたことを整理しておこうと思う。

彼が生物界、医学界の常識を覆したということで、世界から高く評価されているようだ。ただ、研究者の常として、その道は平淡ではなかったようだ。外科医師を志したのはいいが、研修医の頃に、手術の遅さで挫折。

周囲から、「ジャマナカ」と冷かされたようで、実際、当時の同僚は、「確かに手術は下手だった」と言っている。ただ、彼は外科手術では病気を治せないという限界を悟ったのだろう。

それで軌道修正し、研究の道に入るが、米国での研究があだになり、日本との研究環境の格差につまずく。米国では、最初から膨大な予算がつくが、日本では、見通しが立たないと予算が立たない。そういうことで研究費が全く出ない窮屈な状況が続く。

ところが、1999年に、奈良先端技術大学院大学の助教授に採用された。彼を採用した岸本忠三・元大阪大学長の言葉がふるっている。彼の研究に疑問を感じながらも、熱心さに押され、「千に三つでも当れば成功」と助成を決めたという。こんなところに、天は彼に味方したのだろう。裏を返せば、熱意は通ずるということだろう。若い人たちも、人を説得する場合の参考にはなる。

それから7年後の2006年に、iPS細胞を開発し、その翌年には、人の皮膚組織からiPS細胞を作成することに成功しているから、物凄いスピードだ。ただ、そこまで行くには、誰にも言えないような、長い道程があったようで、紆余曲折して、到達された、彼の我慢強さには驚嘆する。

彼の座右の銘は、「人間万事塞翁が馬」ということらしいが、まさに、そのことを経験されている。彼に限らず、多くの人は、凡才ゆえに多くの挫折をして、自分の道を発見する。あるいは、挫折したまま終わってしまう。

彼は、天才と言われているから、それでも、研究の道は厳しいことが分かる。そして、彼に限らず、仮に、うまく行かなくても、それは一時的なことだと思って、次の道に歩む考え方の柔軟性が問われているのだろう。

彼から学べることは、信念を以て、我が道を信じて歩めば、途中に、いろんな障害があっても、それを乗り越え、必ず一つの到達点に達するということだろう。そして、到達点は、所詮、通過点に過ぎず、また次の到達点に向かって、日々前進しなけれはならないということを教えてくれる。

また、彼が何回も強調するように、周囲への感謝を忘れないようにすることが成功の秘訣なのだろう。実際、彼は研究者にしては珍しく、助けてくれた人々のことを明らかにしている。すなわち、成果は、自分の及ばない力添えがあって、初めて成り立つことを理解しておられる。

あなたは、多くの日本人に、いや、世界の人々に、大きな希望を与えました。改めて、山中伸弥京都大学教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます。今後の更なるご活躍を期待します。

*追記

教授のもう一つの座右の銘が、「ビジョン・アンド・ハードワーク」ということのようだ。多分、これは米国から学ばれたものだろう。目的を明確にして、方向性を打ち出し、目標設定ごとに課題を克服していく。それをやり遂げるには、かなりの精神力と体力を要する。これは多くのビジネスにも共通することだ。

|

« 政宗の倹約 | トップページ | 2014 NHK大河ドラマ 『軍師 官兵衛』に決定 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政宗の倹約 | トップページ | 2014 NHK大河ドラマ 『軍師 官兵衛』に決定 »