« ほら吹き学者もどき世間を騒がせる | トップページ | 反日教育する国とは組めない »

2012年10月17日 (水)

凡人の成功

誰もが成功したいと思う。そして、失敗なくして成功は望めないことも多くの人が理解している。ただ、成功する人は非凡な人が多いと、一般には言われる。抜きん出た能力がなければ、成功しないと思っている人もいる。

それでは成功とは何か。人生の成功は長生きと言われる。あの徳川家康も、長生きするために色々工夫している。彼は成功者の一人だが、凡人であったと云われる。なぜ彼が成功したのか。それは長生きできて、世渡りが自然体だったからであろう。それは松下孝之助の経営哲学に似ている。整理すると次のようになるだろうか。

一、自分の能力を知り、それが限界となれば、敢えて無理しない。

二、自分の足らざるを他者の協力を得て補う。

三、勝てない競争はしない。力を十分に養い、横綱相撲を取る。

四、競争者が旺盛ならば、それを大きくすることに手を貸し、助長する。

五、競争者が内部崩壊するのを待ち、静かにチャンスに備える。

六、チャンスが到来したら、一気呵成に勝負を挑み、競争者をとことん叩き潰す。

七、競争に勝てば、内部組織の見直しをし、大胆なリストラを敢行する。

社会に波があるように、人や組織にも一定の波動がある。それを冷静に見極め、自己の立ち位置を確認することによって、彼は成功に導いた。もちろん、それには大変な努力と忍耐を要した。このように凡人も成功ができるが、それには強い精神力の涵養が求められる。

|

« ほら吹き学者もどき世間を騒がせる | トップページ | 反日教育する国とは組めない »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほら吹き学者もどき世間を騒がせる | トップページ | 反日教育する国とは組めない »