« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その六 | トップページ | 政治に疎い経営者たち »

2012年11月 7日 (水)

紅葉の季節 2012

自宅にも紅葉はあるが、ノムラモミジだから、春の方が美しい。別のモミジもあるにはあるが、まだ背が低く、紅葉を楽しむ段階ではない。近所の公園では、紅葉が進んでいる。紅葉狩りにいい季節だ。多くの人々も、それを目当てに出かけているようだ。確かに少し寒くなってきたが、日中は日当たりがちょうど快い。紅葉を見ながら散歩も悪くない。

そういうと、好古園(姫路城西御屋敷跡庭園*参考参照)では、11月16日から紅葉会が催され、日没からライトアップもされるという。そのため、金、土、日、祝日は、午後8時まで開園する(12月2日まで)。日によっては演奏会も催され、運が良ければ聞くこともできるらしい。

また、書写山円教寺近辺では、「書写山もみじまつり」が11月23日から25日の三日間、催される。ロープウェイからの眺めがいい。参道を歩いてもいいが、服装は羽織るもの一枚余計に持って行った方が無難。

それに以前紹介した、たつの市の紅葉谷、聚遠亭、東山公園あたりも、いい感じになっているはずだ。以上の場所だけでなく、近くの多くの山々も紅葉になっている。少しの期間だけれど、楽しみたいものだ。

*参考

  好古園 http://www.city.himeji.lg.jp/koukoen/

|

« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その六 | トップページ | 政治に疎い経営者たち »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その六 | トップページ | 政治に疎い経営者たち »