« 神戸の横尾忠則現代美術館に行く | トップページ | 金融緩和という悪弊と、求められる新産業新興政策 »

2012年11月17日 (土)

冬は首を温めよ

数日前から、本格的な冬がやってきた。流風は寒いのは苦手。そういうわけで、寒くなる前から、冬支度は完了していた。コタツ、ストーブの類は早くから出していたし、毛布や冬用の下着も完璧(笑)。下着は、今年からババシャツ、ズボン下を用意。衣料専門店やスーパーから、それに類したものが出ているが、そうではなく、伝統的なババシャツ、ズボン下。

父は、長く、その愛好家だったが、流風は何となく、嫌だった。ところが、いざ着用してみると、何と温かいことか。ほんとにぽかぽかする。なるほどね。今まで、寝間に、電気あんかとか電機毛布を使っていたが、全く必要ない。これほどとは。

そして、今年から実行していることは、ある人からアドバイスを受けて、家の中でも、マフラーをしていること。実は、古い家のため、暖房効率があまりよくない。暖房を掛け過ぎると、暖房費が非常にたくさんかかる。それで、身体を冷やさないように工夫したのが、マフラーの利用。

特に、朝と夜、そうすることで、非常に体調がいい。ちょっとしたことだけれど、首を温かくすることで、全身を温かくする効果があるらしい。屋外に出かける時は、マフラーをすることは多いが、屋内では、あまり考えなかった。他人さまからのアドバイスも、時には役に立つ。

|

« 神戸の横尾忠則現代美術館に行く | トップページ | 金融緩和という悪弊と、求められる新産業新興政策 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸の横尾忠則現代美術館に行く | トップページ | 金融緩和という悪弊と、求められる新産業新興政策 »