« 高齢者市場再点検 その二 | トップページ | 今更、日中韓FTAに意味はない »

2012年11月20日 (火)

ハエ男の嘆き

NHK深夜ドラマ『恋するハエ女』は、思考が同じところをぐるぐる回る女性を、ミムラさんがコミカルに演じている。30分ドラマの割に注目されている。確かに視聴したところ、話のテンポは速いが、割と面白い。

流風も、若い頃は、思考が堂々めぐりして、好きな女性にも告白できなかった苦い思い出がある。第三者から見れば、優柔不断と批判されても仕方のない状況だった。ある時点から変わりましたけれどね。人間、痛い目に遭わないと変わりません(笑)。

人間、いろんな面で、どこかで、殻を破らなければならない時が来る。でも、本質は変わらないなあ(苦笑)。今でも、いろいろ考え過ぎて、いろんなことのチャンスを逃している。成長しているようで、成長していないところもある。今更、どうしようもないが。

さて、本日のドラマの展開はどうなるのかな。早寝の流風にとっては、辛い時間帯。録画しようかな(笑)。

|

« 高齢者市場再点検 その二 | トップページ | 今更、日中韓FTAに意味はない »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者市場再点検 その二 | トップページ | 今更、日中韓FTAに意味はない »