« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その十 | トップページ | 神戸の横尾忠則現代美術館に行く »

2012年11月15日 (木)

望まれる安定政権

野田首相が、定数削減を条件に解散を約束したことで、政界は大騒ぎのようだ。首相にすれば、野党からも突き上げられ、与党から突き上げられ、辛抱強く対応してきたが、「馬鹿野郎」と言いたくなりたくなるような心境であったに違いない。

流風は、本来、自民党政権で上げるべきだった消費税増税をやったことで、野田首相を高く評価している。それは財界の見方とは異なる。財界は、消費税増税により、輸出に伴う税還付の上積みを期待している。それはあくまで私企業のエゴ的な見方に過ぎない。

しかし、流風は少子高齢化による逆ピラミッド型の人口構成になるので、社会保障の負担を皆でやっていくには、消費税増税は致し方ない判断だったと思う。自民党政権では、残念ながら誰もできなかった。果たして、自民党に覚悟のある政治家がいたのかどうか。

それでは解散後の政権はどのようであるのが望ましいのか。基本的に安定政権であることが望ましい。首相や外相が、ころころ変わるのでは、海外に不信感を与えてしまうし、日本の世界的地位も低下する。国民経済に与える影響も大きい。

ところが、マスコミの囃すような、自公で過半数を押えることは難しいだろう。自民党は、比例代表では、前回の議席を大幅に上回ることは確かだろうが、資金的な制約もあり、単独で過半数には及ばないだろう。

それに政策が全く見えないから、無党派層から支持を受けるには限界がある。エネルギー政策、経済政策、金融政策、外交政策、全て不透明だ。むしろ、だんまりを決め込み、隠している雰囲気がある。

とりあえず、政権復帰したら、やりたいように何でもできるという感じだ。ここに不信感を持つ人は多い。また候補予定者に、二世、三世議員が議員が多いのは、公約違反で、古い体質からなかなか抜け出せないようだ。そこが支持が広がらない原因だ(*注)。

公明党は、支持母体は固いとは言うものの、第三勢力により国民の選挙への関心が高まり投票率が高まれば、それほど議席数は伸びないだろう。

それでは、民主党はどうであろうか。一般に政権党は、ある程度の議席は確保する。資金面で問題がないからだ。支持母体からは一定の票を獲得できる。ただ前回のような無党派層からの支持は得られないから、その分は議席が無くなる可能性が高い。

ところが、無党派層に支持されて当選した議員は、ほとんどが比例代表の人たちで、彼らはすでに離党している。だから、直接的な影響は、ほとんど受けない。そして、選挙区は一部の議員を除いては、票は伸びないが、候補者乱立の影響で、概ね議席を確保することも考えられる。

しかしながら、選挙は、いろんな思惑で投票するので、あまり政策の純化路線を強行すれば大敗する可能性もある(*注)。そうなれば、最悪、民主党は解党の道を歩むのだろう。ただ、政策の違いで亀裂ができて、選挙の当落の可能性を睨んで離党する人が増えることが、離党しても、当選が約束されたわけでもない。むしろリスクを抱えるようなものだ。

第三勢力には、次の選挙ではあまり期待していない。政治実績のない政党には、過大な期待はできない。民主党を離党した日本維新の会の議員が国会で質問していたが、頓珍漢な質問で、こりゃ駄目だと思った。質問に深さが足りない。あれでは支持を得られない。

日本維新の会は、橋下大阪市長の発言で注目を浴びているが、現在の議員はとりあえずの寄せ集めで、強い勢力になるには、自前の議員を増やさなければ、まだまだ時間がかかるだろう。ただ、今回の選挙では、ある程度の議席は確保するだろう。

小沢新党は、選挙手法には長けているが、資金不足は否めない。ただ、若い人には、比較的支持を受けている。でも、小沢氏は、民主党時代に、いい加減なマニュフェストを作った張本人だ。それを知らない人が投票して、ある程度の議席は確保するかもしれないが、議席は減らす可能性が高い。

石原新党は「爺爺政党」で、棺桶に足を突っ込んだような人たちが、何を今更バタバタしているのかという感じ。政策が真逆の日本維新の会とも連携は無理だろう(最近の報道によると、合流で同意したらしい。一般人には、理解不可能)。

みんなの党も、この党とくっつこうとした判断は痛い(最近の報道では、第三極とは合流しないようだ)。あまりふらふらすると、党の特徴が無くなり、支持は伸ばせず、埋没する可能性の方が高い。

となると、結局、どの党も過半数は握れず、安定政権を築くには、民主党・自民党の連立政権(民主党、自民党は、最終的には合同が望ましい。政策を歪める公明党と国民新党ははずす)が現実的となる。

なぜなら、自民党は政権を握っても、安倍スキャンダルで政権崩壊するリスクを抱えている。国民としては、そういった場合も、対処できる政権にしておく必要があるからだ。米国の有力者も、安定政権を望んでいるようだ。彼らは、一体、誰と話せばよいのか、不信感を持っている。

安定政権のために、どのように判断すべきか。今、国民は、少し先を見通した判断で、選挙区、比例区の投票配分テクニックも問われている。投票結果が、どのようになるのか、少し楽しみだ。それほどに今回の一票の意味は大きい。

*注

安倍自民党の政策の失言で、自民党は墓穴を掘り、民主党の大敗の可能性はなくなった。

*平成24年11月28日追記

自民党の公約が発表されたが、原発維持、地方分権反対、金融緩和拡大等で、各界の反発が強く、それほど支持は得られないかもしれない。期待した以上に議席は増えないだろう。

第三極は分裂気味で、日本維新は石原氏の罠にかかって崩壊寸前だ。訳の分からない党になってしまった。公約を発表したが、あまりにもご都合主義。あまりにもふらふらしすぎて、橋下氏のよさは無くなってしまった。

原発廃止派(日本未来の党)は、寄せ集めだが、主張がシンプルなため、案外、浮動票や自民票が流れて議席を確保するかもしれない。ただ、小沢色が強まり、バラマキ政策のマニュフェストが出たので、この政党も、最早、期待できない。

みんなの党は、党首が訳の分からない「アジェンダ」を言い過ぎる。選挙民に分りやすく主張するには、外国語を使うなと言いたい。公明党は相変わらず、日和見主義。どうでもいい党だ。

|

« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その十 | トップページ | 神戸の横尾忠則現代美術館に行く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その十 | トップページ | 神戸の横尾忠則現代美術館に行く »