« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その九 | トップページ | 望まれる安定政権 »

2012年11月14日 (水)

義一氏が選んだ商人道の言葉 その十

義一氏が選んだ商人道の言葉 も、キリがないので、今回で一応終わりにしよう。今回の彼の選んだ言葉は、「ヒキとサツアイ」だ。これらの言葉は、隠語。

まず、「ヒキ」とは、人を惹きつける魅力を商人は持たなければならない。人が寄ってこないと商売にならないからだ。その必要条件として、彼は次のことを挙げている。笑顔、決断、大きな声、ユーモア。

これらを解説すれば、次のようになるだろう。笑顔で、人懐っこく引き寄せ、商談に対する駆け引きは即断即決、元気な大きな声で相手に信頼感を与え、そして冗談等を交えて周りの雰囲気をよくする。

次に、「サツアイ」。これは言葉をひっくり返す業界人がよく使う言葉。挨拶のこと。義一は、挨拶には二種類あると指摘する。それは公的挨拶と私的挨拶。公的挨拶は、ありふれた一般の挨拶。私的挨拶とは、相手を観察して挨拶すること。それが揃わないと、商人の挨拶にはならないと言う。

それから彼は指摘していないが、挨拶は先にした者勝ち。よく先輩から挨拶負けするなと言われたものだ。また相手から返事がなくても、挨拶はし続けろとも。相手を呑み込む勢いと度量が商売には必要だ。

|

« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その九 | トップページ | 望まれる安定政権 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 義一氏が選んだ商人道の言葉 その九 | トップページ | 望まれる安定政権 »