« 大欲、小欲 | トップページ | 角を矯めて、、、 »

2012年12月10日 (月)

大谷を落とした日本ハム

花巻東高の大谷翔平君の日本ハム入団が決まったようだ。彼は大リーグに行くと言っていたが、日本ハムは、敢えてドラフトで指名していた。他球団は、リスクを感じて、どこも指名したなかったから、日本ハムはギャンブルに勝利したと言える。

このことは、企業の営業にも参考になる。有力先で、どうしても落とせない場合があるとする。その有力先が使う業者との結びつきは強く、新たな業者が入る隙はない。そうした時、営業はどうするか。何回行っても無駄だから諦めるか、それとも根気よく説得して顧客として確保できるか。

営業だったら誰でも一度は悩むことだ。有力先に労力をかけても落とせなかったら、ロスが大きい。それなら、他の顧客をコツコツと回って、成果を積み重ねた方が堅実だ。だが、有力先を落とせれば、営業成績は効率よく上がる。そのどちらが良いとも一概に言えない。

さて、日本ハムは、どのようにして大谷翔平君を落としたのだろうか。まず栗山監督の熱意。「北海道から日本一」というメッセージや、かつてダルビッシュがつけた番号を用意。そして、50枚に及ぶプレゼン。

そこには高校生から大リーグに行くリスクが書かれていたようだ。入団後の育成方針も、もちろん、示されていたのだろう。若手の育成では日本ハムは実績と定評がある。多分、彼の両親が、まず反応するだろう。外堀を埋めれば、後は本人の意向次第。

日本ハムは、ドラフト指名後、段取りよく仕事をこなした。それがよい結果を招いた。これは球団全体の勝利だろう。日本ハム、おめでとう。球界の宝として育てて欲しいものだ。そして、考えるに、仮に阪神タイガースが指名していたら、彼は果たして入団を決意しただろうかということ。戦略と組織力の差を感じる。

|

« 大欲、小欲 | トップページ | 角を矯めて、、、 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大欲、小欲 | トップページ | 角を矯めて、、、 »