« 新しい帽子を買う | トップページ | 交際費損金拡大なるか »

2013年1月17日 (木)

阪神淡路大震災18年

阪神淡路大震災が起こって、もう18年。もうそんなになるか。当時は、たまたま仕事の都合で神戸を離れていて無事で、マンションも倒壊せず、部分損壊程度で収まった。しかし、周辺の古い家はほとんど倒壊していた。人間が自然に、いかに無力かを思わせたものだ。高速道路の倒壊は現代文明をしても、自然の力にはどうしようもなかった。

神戸は国や多くの人々の支援で立ち直ったが、被災者の心の癒えは個人差があるだろう。それは東日本大震災の被災者も同じこと。どんなに支援しても、被災者当人しか、分らないこともある。ただ、辛くても、人は前を歩むしかない。

今後も、日本では、多くの大災害が予測されているが、日本人は災害と共に生きていくしかない。そのためには、お互い助け合うしかない。最近、あまり言われない相互扶助の精神は実際は、日本人の心に今も生きている。

阪神淡路大震災の折、多くの若者が被災地にやってきた。ボランティア元年になった。現在のように統制のとれたボランティアではなかったが、何かをしなければと被災地に集まった。気持ちだけが逸っただけかもしれないが、被災地に居た者としては、その気持ちだけでも有難かった。私達は一人ではないと。

日本では、今後も、多くの災害に襲われるかもしれない。それでも、先人の辿った道を歩むように、お互い助け合って生きていくだろう。そして、得られた知恵を後世の世代に残すことが私達の使命だ。

*追記

毎年1月17日には、神戸市が平成12年に発行した『震災を体験して、あのとき役立った私の知恵~神戸からのメッセージ』を読むことにしている。今、この冊子があるのかどうか知らないが、多くの人に読んでもらいたいものだ。

今回は、その中の知恵を一つ紹介しておこう。それは屋内の履物をスリッパではなくて、サンダルを常用するということ。震災で飛散したガラス等を踏んでも大丈夫なようにする工夫だ。また、いざという時の場合に備えて避難用に寝室に運動靴の用意も大切だ。

|

« 新しい帽子を買う | トップページ | 交際費損金拡大なるか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい帽子を買う | トップページ | 交際費損金拡大なるか »