« 仕事は自分で見つけるべきもの | トップページ | 吉野の仙女~万葉集より »

2013年1月28日 (月)

朝起きれば雪

先日、春は近いと記した(1月15日付)ものの、その後の寒さは厳しい。ちょっと判断を間違ったかな。近所の人には、「流風さんが寒さに慣れただけでは」と指摘されてしまった(笑)。そして、妙に外が明るいので、今朝起きて外に出ると、雪が一面に積もっている。天気予報にはなかったのに。

  初雪や 水仙のはの たわむまで  芭蕉

当地では、初雪ではないか。一面、銀世界が広がるが、雪国のような悲壮感はない。かの地域からすれば、お湿り程度の雪かもしれない。それでも1,2センチの雪が積もっていた。本日は、外に出るのが少し大変そうだ。

  いざさらば 雪見にころぶ 所迄   芭蕉

芭蕉は、「いざさらば」と、雪見に行くのに、転べば、それはそれで、転ぶ所まで参りましょうと言っているが、流風は転びたくありません。雪見は自宅で十分です(笑)。出かけるのは少し遅らせるとしよう。

|

« 仕事は自分で見つけるべきもの | トップページ | 吉野の仙女~万葉集より »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事は自分で見つけるべきもの | トップページ | 吉野の仙女~万葉集より »