« 簡素にして気品あり | トップページ | プッチンプリンの遠い記憶 »

2013年1月10日 (木)

部活体罰と幼児虐待

某高校のスポーツの部活で顧問より体罰を受け、高校生が自殺するというショッキングな報道があった。体罰は、スポーツのような縦社会では、昔から、そのことはよく指摘されていた。時には指導者の行過ぎた体罰は全国の部活で見られることだろう。

それをうやむやにするのは、当事者は告発すれば、継続してクラブ活動はできなくなるであろうし、その学校に居づらくなるのも確かだろう。それでずるずると指導者のやり方を見過ごしてしまう。また当事者でない周囲も、選手が強くなるには仕方ないのだろうと傍観してしまう。

しかしながら、スポーツの世界も、最早、合理性が問われるのは間違いない。昔のような精神論だけでは、生徒を導けない。選手を強く鍛えるには、個々の特性を見抜きつつ、それにあった指導が求められる。指導者は自分が過去に受けた体罰という指導を生徒に繰り返すのは時代遅れと言えよう。

これは幼児虐待に似ている。幼児虐待するのは、親自身が子供時代、彼らの親から虐待を受けた経験があり、そのことから自分の子供も虐待するという連鎖だと指摘されている。このことは部活を指導する指導者にも言えるのではないか。スポーツ界は、悪い連鎖を断ち切り、指導のあり方自体が問われていると言える。

*追記

体罰にも、いろいろあるだろうが、行き過ぎた暴力的体罰が最もいけない。体罰の全面的禁止で、指導者が委縮してしまうのも問題だろうが、生徒が心身に傷つくような体罰は、絶対に認められない。

|

« 簡素にして気品あり | トップページ | プッチンプリンの遠い記憶 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 簡素にして気品あり | トップページ | プッチンプリンの遠い記憶 »