« 『自らを見つめる画家と自画像』展を鑑賞 | トップページ | 穂積朝臣老のこと~『万葉集』より »

2013年2月 3日 (日)

業者の思惑通り恵方巻

2月3日は節分なので、子供の時、豆まきはよくやった。室内でやるのだが、後の処理が大変。みんなで、豆をかき集め、わいわいやっていた。ただ、恵方巻というものはなかった。恵方巻は関西から始まったというが、子供時代、そういう習慣はなかった。

恵方巻は、大阪から始まったものだろう。海苔の業者が売り上げを促進するため、考え出したと言われる。人々は、慣習に弱い。「恵方」に向いて、巻き寿司を食べるなんて、よく考えたものだ。

ただ、極めて行儀が悪い。子供なら、まだいいとしても、若い女性が大きな口をあけて、巻き寿司にかぶりつくのを想像するだけで、変な気分だ。ところが、この恵方巻ビジネス、かなり成功している。本日は、どこの店に行っても、恵方巻の売り場に人が集まっていた。

恐るべし、恵方巻。そこで流風も、長いものには巻かれろ式で、久しぶりに恵方巻を買ってしまった。そして、先ほど、恵方に向いて食したところ。いつもの巻き寿司より美味しかったので、一応、よかったとしておこう。業者の思惑に乗ってしまった流風でした。

|

« 『自らを見つめる画家と自画像』展を鑑賞 | トップページ | 穂積朝臣老のこと~『万葉集』より »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『自らを見つめる画家と自画像』展を鑑賞 | トップページ | 穂積朝臣老のこと~『万葉集』より »