« 東日本大震災の2年 | トップページ | 最早TPP参加は不要 »

2013年3月12日 (火)

やっぱり薬用入浴剤

今年の冬は、大きな風邪もひかず、インフルエンザにも罹らず、無事過ごせた。冬の苦手な流風にとっては有難いことだ。十分な睡眠と食事、そして水分の補給。これらが効いたのだろう。ただ、若干の皮膚のトラブルには悩まされた。皮膚科の診察を受けて、膏薬をもらうが、一時的にしか回復しない。

どうしたものか考えたところ、5,6年前のことを思い出して、過去のブログを調べていたら、2007年7月27日付で、「薬用入浴剤の効用」として記していました。そういことで、久しぶりに、その時の薬用入浴剤を思いだし、薬局に行ってみた。

この薬用入浴剤は、大阪の某漢方薬会社が作っているものだが、大手ではないので、あまり有名ではない。今回も、薬局に置いてあるか心配だったが、棚の奥にひっそりと置いてありました。試してみると、たちまち改善。更に目的外だが、加齢による足の痒みも治ってしまった。薬用入浴剤、恐るべし。よかった。

色々助けてくれた、この入浴剤。他の入浴剤では効かないのだから、今後は、入浴剤の浮気は止めるとしよう(笑)。

|

« 東日本大震災の2年 | トップページ | 最早TPP参加は不要 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東日本大震災の2年 | トップページ | 最早TPP参加は不要 »