« 第二十二回 「三ツ山大祭」始まる | トップページ | 謡曲『半蔀(はしとみ)』に思う »

2013年4月 2日 (火)

巫女の神楽舞~『梁塵秘抄』

神社で、お祓いをお願いすると、巫女が舞ってくれる。神楽舞というものだ。巫女が神楽鈴を持って、音を鳴らしながら舞う。表現としては適切ではないかもしれないが、厳かではあるが、なかなか艶やかなものだ。

ただ、このことをからかったものが『梁塵秘抄』にある。『梁塵秘抄』と言えば、性格が相当癖があったと噂される後白河法皇が編纂したものだ。当時、今様と言われた庶民の歌謡を集大成したもの。でも、なぜ彼が庶民の歌謡に興味を示したのかは、よく分からない。

昨年の大河ドラマ『清盛』では、一つの見方が示されたが、要するに複雑な環境で育ったということだろう。歪められた精神構造の中で、唯一、落ち着かせる手段を今様の中に求めたのかもしれない。

それはともかく、彼が、『梁塵秘抄』の中で、巫女を少し、からかっているものを取り上げている。それが次のもの。

 鈴はさや振る 藤太巫女

 目より上にぞ鈴は振る

 ゆらゆらと振り上げて

 目より下にて鈴振れば

 懈怠なりとて 忌々し

 神腹立ち給う

藤太巫女のことは、よく分からないが、当座のアルバイト巫女のようなものを指すものかもしれない。鈴は目より上に持ち上げて振るものなのに、この巫女はだらしなく、目の下で振っているから、やりたくなそうに見えて、そんなことをしていたら、神さんの怒りを買うよと、周りが言っている感じ。多分、巫女が子供で、意味もなく、舞わされているのだろう。

念の為に記すと、最近の巫女さんは、そういうのを見かけたことはない。皆さん、凛とした感じで、厳かに舞われています。

|

« 第二十二回 「三ツ山大祭」始まる | トップページ | 謡曲『半蔀(はしとみ)』に思う »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第二十二回 「三ツ山大祭」始まる | トップページ | 謡曲『半蔀(はしとみ)』に思う »