« 容色の変化を悲しむ女性~『梁塵秘抄』 | トップページ | 牛乳プリンの懐かしさ »

2013年4月10日 (水)

迷惑行為と漢詩 『少年行』

若い時、その溢れたエネルギーの持って行き方を誤ると世間の迷惑になり、叩かれる。それは暴走族もそうであろうし、やんちゃな奴がやる暴力行為もそうだ。今回、USJで、迷惑行為を働いた関西の大学生も、彼らと何ら変わることがない。残念ながら、勉強はできても、常識がない。彼らも、広く世間を見て、ボランティア活動でもやることだ。

さて、漢詩に『少年行』と題したものがある。作者は中唐の人で、令孤楚という人。若い時から優れていたようで、節度使になっている。ただ、彼も、若い時、自分のエネルギーを持て余していたようだ。

  少小より辺頭にて放狂に慣る

  番馬に●(*。さん)騎して黄羊を射き

  如今 年老いて筋力無し

  独り営門に倚りて雁行を数ふ

* ●は、馬偏に尸の下に子が三つ。つまり馬+孱

若干分らない言葉があるので、かなり独断的に意訳すると、次のようになるかもしれない。

「子供の頃、遊牧民族との境界辺りで、危険を承知で、暴れまくっていた。彼らが乗るような小さい裸馬に騎乗して、彼らが飼っている羊を追っかけ、射たりしていた。今では、老いて、最早、そんな力もない。ただ、陣所の門に寄り掛かって、子供がやるように、雁の群れの数を追っている」てな感じ。

迷惑行為を働いた大学生も、いずれ、そういうことを感じる時が来るだろう。

|

« 容色の変化を悲しむ女性~『梁塵秘抄』 | トップページ | 牛乳プリンの懐かしさ »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 容色の変化を悲しむ女性~『梁塵秘抄』 | トップページ | 牛乳プリンの懐かしさ »