« 夏を感じて、神戸市内を散策 | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅠ その一 »

2013年5月14日 (火)

首相は憲法改正に夢中になるな

安倍首相は、従来の自民党の党是を反映して、盛んに憲法改正を主張しているが、あまり夢中にならない方がいい。与えられた憲法云々より中身だ。確かに、憲法の改正の必要性はないでもないが、自民党の主張する全面改正というのは、かなり難しいハードルだ。

また安易に憲法を改正できる憲法96条を、まず改正しようとするのも頂けない。憲法というものは、謂わば国家理念であり、その運営を定めたものだから、頻繁に改正するものであってはならない。ドイツは、度々憲法を改正しているが、決して望ましくないし、お手本にはならない。

それでは、どうすればいいか。憲法改正については、順序があり、現在の憲法で、どうしても見直しが必要とするなら、やるとすれば、まず公明党や生活の党が主張するように、「加憲」から始めるべきだろう。それでも一歩踏み出せば、重大な一歩だ。まず、それを国民議論にすればいい。

しかしながら、安倍政権は、憲法改正にエネルギーを投ずることが、そんなに有効とは思われない。基本的には、アベノミクス後の将来リスクを見定めて、経済の立て直しと、その方向性を明確にして、一歩一歩進めて、まず政権基盤を確立することが大切だ。

|

« 夏を感じて、神戸市内を散策 | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅠ その一 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏を感じて、神戸市内を散策 | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅠ その一 »