« 俳優の健康管理から考える | トップページ | まずくなった大手スーパーの米 »

2013年5月12日 (日)

春の終わりの朝食の変化

最近、暖かくなって、朝食は、御飯でなくて、パンのことが多い。ただパンは塩分が気になるので、玄米入り食パン、ライ麦入り食パン、あるいは五穀入り食パン等を選んでいる。これらだと塩分が少なめだからだ。ただ、これらには、8枚切りの食パンがない。少し前にサンドウィッチに挑戦して気に入っていたが、普通の食パンを利用せざるを得ず、断念した。

そして、食することが増えるのがサラダ。以前は、ブロッコリーをよく食していたが、値段が2倍、3倍と上がっていくので、最近は少なめ(海外産は安いけれど買わない)。代わりにレタスを増やしている。包丁で切ると悪いらしく、手で適当に細かくちぎって利用。苦味が少なく食感がいいサニーレタスも頂いたりしている。

後は、トマト。家庭菜園にも、最近植え付けたが、実るのはまだ先のことなので、購入することになる。完熟の方が美味しいが、日持ちが悪い。今の時分は、まだいいけれど、暑くなれば、完熟は買えない。そして、作り置きのサラダ類(ポテトサラダ、マカロニサラダ)に、細かく切った薄切りハムを混ぜ込み、レタスに乗せ、軽くドレッシングすれば、いい感じ。

デザートには、リンゴとキュウリのサラダ。リンゴとキュウリをスライスして混ぜ込み、マヨネーズで合える。これは子供時代からの定番。そして、各種果実の缶詰(桃、みかん、パイナップル等)を利用して、ヨーグルトかけ。それに市販の野菜ジュースを少し。

コーヒーは、一人用ドリップコーヒーメーカーを利用して、よく飲んでいたが、以前のようにペーパー式に最近戻した。味がすっきりした方が、いいと思うようなったからだ。外で飲むと、ドリップタイプが多いが、どこか、味がひっかかる感じがするので、家での飲むのは、ペーパー方式にすることにした。紅茶の場合は、ダージリンか、ウバセイロンのことが多いような感じ。いつも2種類ぐらい使っているが、特に凝ることはないので適当だ。

こうして記してみると、結構なボリュームだ。食パン(6枚切り)を除けば、それなりの量を食している。でも、朝は、これくらいしっかり食さないと、元気が出ない。しばらく、このような朝食が続く。

|

« 俳優の健康管理から考える | トップページ | まずくなった大手スーパーの米 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俳優の健康管理から考える | トップページ | まずくなった大手スーパーの米 »