« 播州弁 その十九 「しんどい」と「えらい」 | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その四 »

2013年6月 9日 (日)

明日から明石では恒例の「時のウィーク」

毎年6月10日は時の記念日。兵庫県明石市では、今年も6月10日から16日まで、恒例の時のウィークが始まる。今回のテーマは、なぜか、「懐かしの1960年代 時のウィークだよ、全員集合 !」というもの。「全員集合」という響きが懐かしい(笑)。企画されたのが、その年代かな。催しの内容は次のようになっている。

2013年6月10日 

時の記念日のため、10時より明石各所(明石天文科学館とか魚の棚等)で「子午線通過記念証」を配布。ただし、無くなり次第終了とのこと。以前の記憶では、駅を降りたら、もらえたことがあった。

2013年6月15日

11時から17時まで。

明石駅コンコース特設ステージで、「懐かしの60年代コンサート」

2013年6月16日

10時から16時まで、明石公園(西芝生広場・東芝生広場)にて各種催し。

  ★鉄砲隊演武(10時から12時)

  ★武者行列

 ★生け花展

 ★歌・ダンスのパフォーマンス・ステージ

 ★フリーマーケット

 ★ブースストリート

 ★時の迷路2013

  ★歴史クイズギャラリー

 ★本格手づくりヨロイ教室

 ★明石プラモデル甲子園in 時のウィーク等々

時々、気まぐれにお邪魔しているが、もしかしたら、今年あたり、行くかも。多分16日になるだろうな。終日いることはできないだろうが、少し覗いてみようかなと思っている。また天候にもよるが帽子等は必携だ。

|

« 播州弁 その十九 「しんどい」と「えらい」 | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その四 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播州弁 その十九 「しんどい」と「えらい」 | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その四 »