« 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その三 | トップページ | 明日から明石では恒例の「時のウィーク」 »

2013年6月 8日 (土)

播州弁 その十九 「しんどい」と「えらい」

以前、播州弁を紹介したが、多少抜けているので、今更ながら、追加。

今回は「しんどい」。くたびれるの意。朝から、炎天下の中、作業して、「ああ、しんど。えらいから、ちょっと休むわ」とか言う。「しんどい」とも言うし、「しんど」と縮める時もある。「えらい」は、身体が「辛い」というニュアンス。

|

« 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その三 | トップページ | 明日から明石では恒例の「時のウィーク」 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その三 | トップページ | 明日から明石では恒例の「時のウィーク」 »