« 黒田長政と毛利左近 | トップページ | 二世帯住宅の普及 »

2013年6月24日 (月)

いたわる心 その二

雨宮敬次郎は、人生の成功者は、いたわる心を持っているというような事を言っている。「いたわる」は、漢字にすると「労わる」になる。辞書には、「ねぎらう、慰めるとか、大切にする、懇ろに扱う」とある。

いたわるのは、対象が物の場合もあるし、人の場合もある。物の中には、お金も含まれるだろう。そして、それが仮に他人の物であっても、いたわる心が大切と彼は説いている。他人の物を、ぞんざいに扱うようでは、自分の物も、いい加減に扱ってしまうものだ。

人を扱うことも、そうであろう。経営者が従業員を粗末に扱えば、やがて自分の身に降りかかってくる。逆に、従業員も、やるべきことをやらず、経営者を、ないがしろにすれば、同じ様なことになる。

現役時代、「上司の立場のつもりで仕事をしろ」とか、「将来、経営者になった時を想像して、仕事をしろ」とか、よく言われたものだが、対象をいたわれば、いずれ、自分にプラスになることも多い。見方によれば、利己的と言われるかもしれないが、いたわる心を大切にしたいものだ。

|

« 黒田長政と毛利左近 | トップページ | 二世帯住宅の普及 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒田長政と毛利左近 | トップページ | 二世帯住宅の普及 »