« 明石城に演武の銃声轟く | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その九 »

2013年6月17日 (月)

神戸ハーバーランドumieに行く

昨日、今年4月19日にオープンした神戸ハーバーランド商業施設umieに行ってきた。ここは、商業施設が進出しては撤退の繰り返しをしてきたところだ。立地はいいのに、なかなか苦戦していた場所だ。今回、どのようになっているか、ずっと気になっていたのだが、やっと行ってきた。日曜日なので人は多い。それもかなり。オープン以来の勢いは失っていないと言うことだろう。

今までの施設とどのように違うのか。店舗をざっと見て回った。まずは一番関心のあった「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」。神戸駅から海の方に歩いて行くと、行く先々でアンパンマンの石像が設置してある。そこで、多くの家族が写真を撮っておられる。笑顔満開だ。子供も大人も笑顔にしてしまうアンパンマンパワー恐るべし。

じばらく歩いていき、階段を上がると、「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」だ。朝早くから、ミュージアムには、家族連れで並んでいる。子供たちは期待に胸を躍らせている雰囲気。家族も嬉しそうだ。一応、ここはパスして、モールの方に行く。

そしたら、ここも家族連れでどこも満員。パン屋だけではない。凄いと言うしかない。それに少子化と言うけれど、ここにはもこんなに多くのお子さん達がいる。尤も、彼らを取り巻く両親や祖父母も多いのだが。彼らの熱気に押されて、止むなく退散(笑)。パンフレットだけもらってきた。

そして、横にはモザイクがある。ここは従来と同じ飲食店中心の施設。ただテナントは、以前と変わっている雰囲気。少し庶民的価格かな。ファストフードもある。こちらの施設も人がいっぱい。それなりに潤っているようだ。

そして、umieの「South Mall」と「North Mall」に行く。店舗をざっと見た限りでは、20代、30代をターゲットにした買いやすい商品群が多く、以前の百貨店のような品揃えではない。ここがポイントかもしれない。人は、それなりに多い。特に低層階は人が多かった。飲食店があるからだろう。ファストフード中心だ。客の入りは、店舗によって異なる感じ。

全体として飲食店が少ないかなと思ったら、7月5日に、「North Mall」にフードコートが設けられ、新たに11店舗入るようだ。それらも、ほとんどがファストフードだ。大量に、速く、程よい価格で提供するということなのだろう。

全般的には、購入しやすい価格帯になっており、実売が伴う売り場づくりになっている。そういう理由で集客しやすいのだろう。明らかに対象顧客層を変えている。そして、一番の効果は、何といっても、「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」だろう。この施設に用事はなくても、人を惹きつけてしまう磁力のようなものを感じる。当面、これらの施設が勢いをなくすことはないだろう。次回は、平日に訪れてみたい。

|

« 明石城に演武の銃声轟く | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その九 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明石城に演武の銃声轟く | トップページ | 黒田長政の『掟書』を読むⅡ その九 »