« 敷居と鴨居は変えられない | トップページ | 狂言『伯母ヶ酒』について考える »

2013年7月 6日 (土)

今年の節電 2013夏

今年は、電力会社が原発を再稼動させたいため、節電要望はしないらしい。深謀遠慮だなあ。日本のように活断層の上に活断層がある地形では、全国どこでも、災害を受ける可能性が高いから、原発が不向きということが未だ分らないらしい。

彼ら原発族は、私益で考えるからだろう。公益というものを電力会社は背負っているはずだが、公益を勘違いしている。福島原発事故の処理は未だ何も進んでいない。解決しそうな雰囲気を出すが、一歩前進二歩後退の印象が強い。それに日本は人口が減って電力需要は縮小することは明らか。彼らは何を勘違いしているのだろう。

さて、一般国民としては、自然エネルギーの利用を強く進めることと節電を継続することが大切であろう。これらは他者からやれと言われてするものではないだろう。当たり前のことを当たり前にするだけだ。

ただ、このボロ家には、太陽光発電は難しいらしい。別の対策を考えねば。節電の方は、省エネ型冷蔵庫に買い替えた。昔の冷蔵庫の約半分の電気消費量だ。また、一部、照明器具をLED仕様の物に変えた。若干、電気代が安くなりそうだ。そして、東側に簾をかけた。気温の影響を受けるのを遅らせる効果がある。後は風通しをよくして、涼しく感じて、冷房費を節約。今年の夏も、電気代を節約して、何とか乗り切れるだろう。

*追記

上記の記事とは全く関係ないが、ameba利用のブログは、つながりにくいので、リンクを外しています。ネット選挙の影響らしい。どこか意識過剰だと思う。政党は必死なのだろうが。

|

« 敷居と鴨居は変えられない | トップページ | 狂言『伯母ヶ酒』について考える »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敷居と鴨居は変えられない | トップページ | 狂言『伯母ヶ酒』について考える »