« 金儲けと信用のバランス | トップページ | 人は一代ということ »

2013年8月 3日 (土)

貸し借りは怨みの種蒔きということ

昔のことわざに、貸し借りは怨みの種蒔きというものがあるが、これは鋭い指摘だ。多くの犯罪は、金の貸し借りから生じている。どんな親しい間柄でも、貸さない、借りないというのは、人生を生き抜く方法だ。

祖父や父も、よく言っていたが、親しい人が金を借りに来たら、貸すぐらいなら、差し上げたらいいと。それくらいの覚悟は求められる。小額のお金でも同様なことが言える。貸し借りは怖い。

|

« 金儲けと信用のバランス | トップページ | 人は一代ということ »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金儲けと信用のバランス | トップページ | 人は一代ということ »