« 『博物館はおばけやしき』を観覧 | トップページ | 金儲けと信用のバランス »

2013年8月 1日 (木)

麻生副総理の正論?

中国、韓国メディアが、麻生副総理の発言の一部を捉えて、騒いでいるようだが、彼の発言の意図を理解していない。日本のマスコミに発表された彼の発言は次のようだ。

憲法改正に関して、まず「狂騒狂乱の中で決めて欲しくない。落ち着いた世論の上で成し遂げるべきものだ」と正論を述べられている。一部自民党関係者の憲法改正に対する上滑りな発言を牽制してのものだ。彼には、元首相としての見識があると見て、よさそうだ。

そして、中国・韓国のメディアが問題にしたのは次の発言だ。「ワイマール憲法も、いつの間にか、ナチスの憲法に変わっていた。(憲法改正するのに)あの手口を学んだら、(国民が)騒がないで納得して変わっている(かもしれない)。喧騒の中で(憲法改正を)決めないでほしい」と。

日本人からすれば、真っ当な発言で問題はないが、外国人は、翻訳が適切でないから、変な理解をする。中国・韓国の記者たちは、物事をよく理解して記事にしてほしいものだ。また政治家の方は、仮に国内向けの発言であっても、海外メディアに翻訳されても、誤解を生まない丁寧な発言を心掛けて欲しいものだ。

*注記

もちろん麻生氏は改憲反対論者ではない。彼は保守主義者として、改憲を望んでいることは間違いない。ただ、憲法改正の是非はともかく、その進め方に疑義を投げかけている。

*追記

麻生氏の言葉を逆説的に借りれば、いつの間にか憲法が改正されていたというのは、よくないだろう。彼がヒトラーの手法を取り入れることを是とするなら、それは問題だろう。彼の悪い癖だが、意識的か無意識か分らないが、話し方には従来から二面性があるが、彼の発言記録を全て読むと、ヒトラーというか独裁者の手法を取り入れることに是と捉えられても仕方ない面があるが、彼の本意は不明だ。

なおナチスのヒトラーの政治手法については、次の図書が、割とうまく説明されていて、参考になる。彼らの怖ろしい手法は、一般国民も知っておいた方がいいだろう。若い人は特に。

 川上徹也著 『独裁者の最強スピーチ術』 (星海社新書)

*追記

一部の放送局(朝日放送系列)のベテラン解説家が、麻生氏の発言を曲解して報道している。本当に彼の発言の真意を、きちんと理解しているのだろうか。朝日が憲法改正に反対ということは理解できるが、揚げ足取りという程度の低さを感じる。流風は、特に自民党支持者というわけではないが不愉快だ。

|

« 『博物館はおばけやしき』を観覧 | トップページ | 金儲けと信用のバランス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『博物館はおばけやしき』を観覧 | トップページ | 金儲けと信用のバランス »