« 「名城ふたたび、ようこそ姫路城」展について | トップページ | 白湯が美味しい時期 »

2013年9月26日 (木)

明石城まつりについて

秋になると、本当に、いろんな催しが目白押しで嬉しいことだ。大体、交通費と食費以外は、そんなにお金はかからない。今回は、「明石城まつり2013」を紹介しておこう。毎年、割と行っている方だ。明石公園で催されるので、交通の便も極めていい。盛夏の8月に開催される姫路お城まつりと違って、秋に開催されるので、余計に行きやすい(*注追記)。

今年の開催日は、2013年10月12日と13日。内容は、例年、そんなに変わり映えはしないが、一応、内容の概要を記しておこう。まず明石城の重要文化財である櫓の一般公開がされる。後は、中央ステージイベントや各イベントスペースのイベントがある。各ブースでは、いろんな物が販売され、もちろん、明石焼きをはじめとして、明石の食が味わえる。更にフリーマーケットも毎年開催されている。

ただ、最近は、どちらかというと、若い人向けの催しが多い。また13日のみに同時開催される「第13回明石子午線どんとこいまつり」も、踊りパフォーマンスを主体としている。だから、そういうものに関心ない方は、10月12日がお薦め。ちょっと明石公園に散歩する感覚で、まつりを楽しめたらいいと思う。

*注追記

「姫路お城まつり」も、2015年から5月の春の開催に変更されている。

*追記

2017年の明石城まつりの日程は、10月7日と8日だ。少雨決行だが、悪天候だと中止になる。久しぶりに行こうかな。

|

« 「名城ふたたび、ようこそ姫路城」展について | トップページ | 白湯が美味しい時期 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「名城ふたたび、ようこそ姫路城」展について | トップページ | 白湯が美味しい時期 »