« ぶどうと葡萄 | トップページ | 「名城ふたたび、ようこそ姫路城」展について »

2013年9月23日 (月)

倍返しドラマ終わって考える

金融関係のドラマとして人気を博した『半沢直樹』が昨日終了した。視聴率が高く、多くの人の関心を集めた。私も、初め頃は、あまり興味はなかったが、段々引き込まれて行ったことは確かだ。

ただ時代背景を考えると、現状と少し異なる。現在の金融機関に、あのようなバイタリティー溢れる人物は、残念ながら見当たらない。彼のようなタイプは、バブル以前に、居たようだ。融資先の審査というものは、大変難しい。それなりの見識と度胸がいる。

企業経営者の資質、ビジネスの可能性・有望性、競争環境、内部管理システム、彼を支えるスタッフの質、外部関係先の協力者の善し悪し、主たる納入先の経営環境、主たるライバル企業、経済環境、そして、財務管理、金融環境。全てをリスクとして精査して、融資をするかどうか決める。

よって基本的に、「いかに融資しないか」というのが、融資担当者の資質ということになる。すなわち、事業者が言うような「事業の成功」を前提としてない。失敗することを前提に融資を考える。そういうことで、融資担当者の所には、いろんな誘惑がある。搦め手もある。騙しもある。それを全て見抜くというのは、大変なことだと、関係者が言っていたのを覚えている。

かつて金融機関に入社するには、家柄、資産関係の状況が問われ、謂わば、それを担保に就職できた。仮に融資担当者になり、融資に失敗し回収できなくなると、個人の責任として、身ぐるみ剥がれた。それが、「いかに融資しないか」という姿勢につながる。

今は、融資条件が甘くなっているようだが、基本的に金融機関も、「金貸し」。街の金融屋と何ら変わることはない。そもそも、個人も中小企業経営者も、単に金利が安くても安易に金を借りてはならない。ところが、超低金利の煽りを受けて、現在は、住宅ローンを始めとして融資競争をしている。借りる方も、貸す方も危ういことだ。

このような背景の中で、金融関係ドラマに人気が出たのは、基本的に「勧善懲悪」ドラマだからだろう。もちろん、金融機関の内部事情を覗き見できたということもあるかもしれない。ただ基本は、要するに、水戸黄門や、大岡越前、各種捕り物帖と同じだ。だから視ていて、心地よい。憂さを晴らせる。そういうことだろう。今回は、たまたま舞台が金融機関になっただけのことだ。でも、続編も視てみたいなあ(笑)。

|

« ぶどうと葡萄 | トップページ | 「名城ふたたび、ようこそ姫路城」展について »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぶどうと葡萄 | トップページ | 「名城ふたたび、ようこそ姫路城」展について »