« 池田輝政のエピソード その七 | トップページ | 黒田官兵衛の足跡 その一 黒田家のルーツ »

2013年9月 3日 (火)

手元が狂って、、、、

少し朝晩が涼しくなってきたので、冷蔵庫に保管してあった小玉スイカを食べることにした。若い頃は、大玉スイカを買ってきて、1日か2日で食したものだが、最近は、そういうわけにもいかないので、小玉スイカをよく買っている。カットされたスイカもいいが、生産地によっては、それほど甘くないし、長期保存もできない。そういうこで、小玉スイカ。

この小玉スイカも、少し前に購入して、冷蔵庫の野菜室を占領していた。夏場は、野菜の持ちも悪いので、カットしたり湯がいたものを冷蔵しているので、スペースがあったが、これからは、野菜室の野菜も増えていく。だから、スイカを取り出したわけ。

早速、包丁でカットしようしたところ、手元が狂って、指を切ってしまった。あ~あ、やってしまった。でも久しぶり。救急処理し血を止めてから、再挑戦。スイカの方は、行き過ぎておらず、いい感じで美味しかった。この時期のスイカも悪くない。でも、小玉スイカでも、最早、いっぺんに食べられなくなっている。少し食べ方の工夫をして、残りを食べきりたい。

|

« 池田輝政のエピソード その七 | トップページ | 黒田官兵衛の足跡 その一 黒田家のルーツ »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 池田輝政のエピソード その七 | トップページ | 黒田官兵衛の足跡 その一 黒田家のルーツ »