« 秋の月の漢詩 その四 王維の「竹里館」 | トップページ | 一面的に法律を作ってはならない~特定秘密保護法 »

2013年10月26日 (土)

意味のない男女格差ランキング

ダボス会議が主催する世界経済フォーラムは、「国際男女格差レポート2013」を発表したようだが、そこでは、日本は、136国中、105位だそうである。どんな基準なのだろうか。日本の実情を知らぬ観念的な順位付けだろう。

先進国の女性でさえ、日本の女性は恵まれていると指摘する。西欧諸国は、見かけほど平等ではなくて、案外、男女差別は大きい。彼の国に嫁いだ日本の女性たちは、嫌と言うほど、それを感じているだろう。

途上国の女性であれば、日本の女性は、一般の女性でさえ、恵まれた暮らしをしていて、天国のような楽をしていると見ている。彼女らから見れば、現代の日本ほど、女性が大事にされている国はない。不幸にも、日本の女性たちは気づいていないだけだと言う。

もちろん、仕事場に行けば、まだまだ男社会と言うかもしれない。しかし、それは女性が選択した結果だ。女性でも事業を起こされている方はいる。出来る方は自分で道を開いている。それは男女格差ではあるまい。男社会に甘んじる女性が多いと言うことだろう。そうすれば楽ができる。

また議員の女性の数が少ないと言うが、そもそも立候補者が少ないのでは、どうしようもない。それも同じような理由だ。世界経済フォーラムの欧米的観念での男女格差ランキングは全く意味がない。日本は、あまり気にする必要はないだろう。それより、皆が知恵を出して、住みやすい社会に向けて、次のステージにステップアップにしていくことの方が大切だ。

|

« 秋の月の漢詩 その四 王維の「竹里館」 | トップページ | 一面的に法律を作ってはならない~特定秘密保護法 »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の月の漢詩 その四 王維の「竹里館」 | トップページ | 一面的に法律を作ってはならない~特定秘密保護法 »