« ホウレンソウの美味しい季節 | トップページ | 外食産業の振興 その三 品質管理の向上 »

2013年10月22日 (火)

減塩食を作る その六 野菜炒め

今回の減塩食は野菜炒め。ベーシックな料理だが、減塩食として相応しい。作り方は簡単。改めて記す必要もないが、一応、書き込んでおく。材料としては、豚肉、海鮮類、キャベツ、ピーマン、ニンジン、モヤシ、キノコ類等。作り方は、フライパンを熱し、油を入れ、ショウガの千切りを炒め、材料を投入して炒めるだけ。調味料は、ソースを使うのもいいが、小さじ1程度に抑える。

あるいは、顆粒調味料と水で調味する。顆粒調味料には、塩分が含まれているので、小さじ1弱にとどめる。あるいは、出汁で味付けし、片栗粉を水で溶いて、絡めると甘味がついて、減塩につながる。

また、多めに作って余れば、焼きそば用のそばを入れて炒めれば、焼きそばとなる。但し、焼きそばには塩分が含まれているので、改めて調味しないようにしている。せいぜい、鰹節をまぶす程度。

|

« ホウレンソウの美味しい季節 | トップページ | 外食産業の振興 その三 品質管理の向上 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホウレンソウの美味しい季節 | トップページ | 外食産業の振興 その三 品質管理の向上 »