« 11月3日の「姫路ミュージック・ストリート」について | トップページ | ブランドビジネスの難しさ »

2013年10月31日 (木)

減塩食を作る その八 減塩ナポリタン

今回は記事にするほどのことではないが、一応記しておく。一般に、洋食は、パン類を除けば、減塩食というケースが多い。今回取り上げるナポリタンも、もともと塩分は低い。だから、「減塩ナポリタン」と言っても、大したことはしない。もともと、スパゲッティーには、うどんやそばのように塩分が含まれていない。

ただ、湯がく時に、こしを強くするため塩を入れるが、減塩のためには塩を敢えて入れない。そうすれば、出来上がりがべちゃっとするして敬遠する方も多いと思うが、ここは思い切って止めるのがポイント。

パスタソースは、市販のものでもナポリタン用は塩分が他の物に比べれば低いが、自分で作った方が、なお低くできる。野菜類を無塩バターで炒め、ケチャップで煮詰めれば簡単にできる。ケチャップにも塩分は含まれるが、低い方だ。

後は、茹でたスパゲッティーをオリーブオイルで軽く炒め、パスタソースを加えて炒めればできる。その他に、付け合わせに野菜サラダ類を用意すればいい。ただスープ類には結構塩分が含まれるので、市販品は避けたい。出汁と野菜類(ショウガ、ニンニク、タマネギ、ニンジンの類)の刻んだものに、ほんの少しの塩で味をつけて温めた程度のものにしたい。

|

« 11月3日の「姫路ミュージック・ストリート」について | トップページ | ブランドビジネスの難しさ »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月3日の「姫路ミュージック・ストリート」について | トップページ | ブランドビジネスの難しさ »