« 減塩食を作る その四 根菜のカレー煮 | トップページ | 『豪農に伝来する絵画』展を観覧 »

2013年10月15日 (火)

秋の夜はクラシックが似合う

秋になったと思ったら暑さがぶり返すパターンが何回も続き、一体、いつになったら本当の秋になるのかと思っていたが、やっと秋らしくなってきた。まだ疑心暗鬼。しかし、朝や夜は、だいぶ涼しくなってきた。夜は、また冷え込むほどではないが、夜が長くなってきた。

このような時期にはクラッシックのピアノ音楽が似合う。でも、それほど詳しくないので、有名な曲がセットになったCDを聴いている。演奏は、ダニエル・バレンボイム。ベートーベンの「月光」、「熱情」、メンデルスゾーンの「言葉のない歌」、シューマンの「子供の情景」、ショパンの「ノクターン」、その他にはリストやシューベルト。

これらを聴いていたら、いつの間にか深い眠りに。そして、朝起きたら、また聴く。但し、二度寝しないように(笑)。

|

« 減塩食を作る その四 根菜のカレー煮 | トップページ | 『豪農に伝来する絵画』展を観覧 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 減塩食を作る その四 根菜のカレー煮 | トップページ | 『豪農に伝来する絵画』展を観覧 »