« 始めあれば終わりあり | トップページ | 女の世界は難しい? »

2013年10月10日 (木)

減塩食を作る その一 タンドリーポーク

料理本を整理していたら、減塩食本が、多数見つかった。かつて関心を持って購入したのだろう。ぱらぱらと見ていたら、少しやってみようかと思った次第。減塩食は、美味しくないと言われるが、何事も試してみないと分らない。それで、今回から、実際に作って美味しかったもののみ備忘録的に記してみる。

まず、今回は「タンドリーポーク」。「タンドリー」と聞けば、一般に「タンドリーチキン」が有名。要するに、この料理は、鶏肉を豚肉に替えたもの。冷蔵庫に、ショウガ焼用の豚肉(約80グラム)が残っていたので試してみた。

先ず漬け汁を作る。ヨーグルト、ケチャップ、カレー粉、とんかつソースに、塩をほんの少し混ぜ、これに豚肉を漬けて、冷蔵庫で30分程度置く。後は、グリルで焼くだけ。出来上がりは大変美味しかった。

付け合わせの野菜は、少量の油で、ナス、ピーマン、茹でたキヌサヤを炒めてみた。後はレタスとマカロニサラダ少しと野菜ジュース。

多分、塩分は、1.5グラム以下。豚肉を多量に摂取しなければ、カロリーも低い。

*追記

主として、かなり前に、病院で頂いた冊子の中に記してあった宗像伸子氏のレシピを参考にしている。

|

« 始めあれば終わりあり | トップページ | 女の世界は難しい? »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 始めあれば終わりあり | トップページ | 女の世界は難しい? »