« やっと秋らしく~恵慶法師の歌 | トップページ | 黒田官兵衛の足跡 その六 裏切りと苦難 »

2013年10月 6日 (日)

11月3日「太子あすかふるさとまつり」の案内

聖徳太子の催しと言えば、奈良とか大阪を連想される方が多いと思うが、播磨には、太子ゆかりの寺、斑鳩寺がある。その近辺で、少しマイナーだが、「太子あすかふるさとまつり」が毎年11月3日(10時から15時まで)に催される。

それは斑鳩寺から、あすかホール(太子町立歴史博物館内)まで、公募で集まった飛鳥時代のコスプレ姿で、時代パレードを行うというもの。手づくりのコスプレで、毎年、賑やかに催されるようだ。

その他には、あすかホール周辺で、お笑いイベント、キャラクターショー、小学生クイズ大会が予定されている。

また地域グルメのお披露目・販売(多分、揖保の糸、筍の水煮缶、太子いちじく、太子味噌、太子味噌飴)がされる。またフリーマーケットも予定されているようだ。

もちろん、斑鳩寺の拝観や重要文化財の観覧もいい(聖徳殿・聖宝殿共通拝観料500円)。また、太子町立歴史博物館の観覧もいいだろう。

更に時間が許せば、少し離れているが、太子町立歴史資料館付属施設の民俗資料館を訪ねてみるのもいい(入館無料。太子町立歴史博物館から歩いて10分程度)。この近くに歩いて3分程度のところに、バス停「東南西口」バス停がある。

交通は、少し不便だが、次のようになっている。

一、JR網干(あぼし)駅下車して、神姫バスの「山崎」行に乗り、「鵤(いかるが)」下車(バス乗車時間は約10分)。あるいは、JR姫路駅下車して、神姫バスの「龍野」行に乗り、「鵤(いかるが)」下車(バス乗車時間は約30分)。

二、バスの便数が少ないので、健脚な方は、歩いてもいいが、JR網干駅からだと斑鳩寺まで個人差はあると思いますが、40分くらいかかる(あすかホールまでだと35分くらい)。よって、バス運行時間を把握した上で、行動した方がよさそうだ。

三、車で行く場合は、会場には駐車場はないので注意が必要。なるべく公共交通の利用が望ましい。

四、当日は、太子町各所より臨時シャトルバスが運行予定とのこと。詳しくは実行委員会に問い合わせしてください。

*参考

 ◎あすかホール

   住所:兵庫県揖保郡太子町1310-1

    催しの問い合わせ先

     あすかふるさとまつり実行委員会

       079-277-2566

 

|

« やっと秋らしく~恵慶法師の歌 | トップページ | 黒田官兵衛の足跡 その六 裏切りと苦難 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと秋らしく~恵慶法師の歌 | トップページ | 黒田官兵衛の足跡 その六 裏切りと苦難 »