« 日本語の新しい表現 | トップページ | 明石市立文化博物館『明石藩の世界Ⅰ』展に行く »

2013年10月 2日 (水)

西播磨の秋祭り2013

今年も秋祭りの時期が来た。播磨では、毎年10月14日・15日に開催される「灘のけんか祭り」が有名だが、昨日と本日付の神戸新聞には、西播磨地区の各地(姫路、神河、市川、福崎、たつの、赤穂、相生、宍粟、太子、上郡、佐用)の秋祭りの日程が掲載されている。

それを見ると、なんと祭りの多いことか。やはり姫路市が断然多いが、その他の地区も結構ある。日程は、12日・13日が一番多い。今年は連休になるので、人の出が、かなり多いと予想される。

子供時代の楽しみは、何と言っても祭りであった。本来、神々に奉仕するための行事だが、子供にとっては、あの賑やかさが嬉しい。その感動は、一生忘れることはない。テレビ放映やネットなんかで見ずに、親子連れで、直に見に行って欲しいものだ。

なお、流風は、今年、近所の祭りを見に行こうと思っている。

*2016年9月30日追記

今年も秋祭りの季節がやってきた。姫路市の主な祭りは、浜手の山陽電車沿線が多い。飾磨駅、妻鹿駅、白浜の宮駅、大塩駅、山陽網干駅を目安に、いろいろ行ってみたら面白いかも。それには、1400円の三ノ宮・姫路1dayチケットがお得だ。三ノ宮と姫路間(山陽網干下車も可)を何度中途下車してもいいので、お得だ。

|

« 日本語の新しい表現 | トップページ | 明石市立文化博物館『明石藩の世界Ⅰ』展に行く »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本語の新しい表現 | トップページ | 明石市立文化博物館『明石藩の世界Ⅰ』展に行く »