« 自転車の左側通行、やっと法制化 | トップページ | 食産業の改革が求められる »

2013年11月18日 (月)

もうすぐ姫路食博

今年も恒例の「姫路食博」が催される。兵庫県下の各地の御当地グルメと播磨近辺のグルメが一堂に集結する。あちこち旅行できない人には便利な催し。また出展者も、それぞれの地域のグルメをアピールできる。B-1グランプリとは、また違った趣がある。場所は、いつもと同じで、大手前公園特設会場。

と同時に、今年は「全国ご当地おでん・地酒サミット」が開かれる。姫路おでんは、ショウガ汁で食することで有名だが、全国のいろんな食材のおでんと食し方が披露されるのだろうか。お酒の方は、姫路市は播磨の地酒の振興に努めている。播磨は日本酒の起源発祥の地。力が入るはずだ。実際、播磨のお酒は、お酒をあまり飲まない人でも美味しい物が多い。

日程は、「姫路食博2013」の方が、11月22日午後1時からスタート。午後5時までの予定。23日・24日は、午前10時から午後5時まで。小雨決行とのこと。「全国ご当地おでん・地酒サミット」の方は、日程が少し違って、22日と24日のみ。これは午後8時まで営業とのこと。

なお、天気予報によると、3日間ともに、晴れのち曇り。催しには、まずますの天気。今の時期は、いい方かもしれない。ただ日中も気温は上がらず、冷えると思うので、暖かい服装で出かける必要はある。

*2014年11月21日追記

今年も、「姫路食博2014」が開催される。内容は例年と同じ。期間は11月22日から24日まで。また、同時開催として、「第2回全国ご当地おでん・地酒サミット」も開かれる。参加する地域は、姫路以外に、静岡、青森、沖縄、小浜、小田原、長洲、舞鶴、韓国だとか。来年からは、各地、持ち回りとなる予定とか。場所は、いつもの大手前公園。

なお、同じく11月22日から、同じ場所で、「第24回ひめじ植木いち」も始まる。こちらは11月30日まで。

*2015年11月9日追記

今年も、例年通り、「姫路食博2015」が開催される。日程は、11月21日、22日、23日の3日間、大手前公園特設会場で催される。せかいのおでんが集合する。お酒横丁もあり。今年は、「姫路城友城プロジェクト」として、「鳥取グルメ 鳥取和牛ホルモンやきそば」が参加するとか。

また、ゆるキャラも大集合する。「しろまるひめ」、「かんべえくん」に加えて、「もりりぃ」、「ひまりん」、「ふくみみ福ちゃん」、「さっちゃん」、「しょうちゃん」が登場する予定。

なお、21日から29日まで、「ひめじ植木いち」も例年通り、開催される。

|

« 自転車の左側通行、やっと法制化 | トップページ | 食産業の改革が求められる »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車の左側通行、やっと法制化 | トップページ | 食産業の改革が求められる »