« 食産業の改革が求められる | トップページ | 秋の明石と神戸元町を散策 »

2013年11月20日 (水)

赤穂義士祭に行こうか

毎年、12月14日に、赤穂市では、「赤穂義士祭」が催されていることは知っているが、混雑するだろなと思って、いつもパスしている。以前にも記したが、赤穂にはオフシーズンに訪れている。もちろん、その時には何の催しもないが、静かに散策できる。

でも、今年は初めて「赤穂義士祭」に行ってみようかと考えている。今年で110回目だそうだ。花岳寺と大石神社では、それぞれ追慕法要と追慕大祭を中心として、様々な文化的催しがある。

そして、何と言っても忠臣蔵パレード。大石神社近くの大手門をスタートし、花岳寺近くの本部までパレードする。俳優の松平健さんも、大石内蔵助役として、義士行列に特別出演されるらしい。

小学生による金管バンドパレード、第29代赤穂義士娘による義士娘人力道中、特別編成の義士行列や市民参加の様々のパレードが見られる。また各所で、東映剣会殺陣(大手門前交差点にて12時20分よりと、義士祭本部で13時15分より)もある。

その他には、忠臣蔵ゆかりの市町や近隣の市町による「忠臣蔵交流物産市」(物産市とふれあいステージ。会場は赤穂城跡三の丸の武家屋敷公園。午前10時から午後4時まで)も開かれるとのこと。また近くで、時間は分らないが、彦根鉄砲隊奉納演武もあるそうだ。

一度訪問しておこうか、話のネタに。JR播州赤穂駅下車。

|

« 食産業の改革が求められる | トップページ | 秋の明石と神戸元町を散策 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食産業の改革が求められる | トップページ | 秋の明石と神戸元町を散策 »