« 従業員の心の闇 | トップページ | 望ましい売り切れ御免の飲食業ビジネス »

2014年1月30日 (木)

国際権力闘争の清濁

隣国関係は、昔から難しいとされるが、領土問題から日中関係、日韓関係が悪化し続けている。国民からすれば、領土等を巡る低レベルの国際権力闘争にしか見えない。そもそも、各国の指導者のレベルが落ちている。

原因は、中国、韓国が作ったと日本の保守勢力が主張するが、中国、韓国の保守勢力も、日本に原因があると国を挙げて主張する。大体、保守勢力は、どの国にもいる。彼らは自分の正義を絶対と考える。

確かに、一般国民から見ても、法的に、中韓の考え方は歪んでいるのは確かだろう。中国政府は、尖閣諸島は日本の領土と毛沢東が認めたことも否定し、ずる賢く立ち回っているし、歴史認識も中国自体の問題は棚上げし、全て日本の誤りと責め立てるのはおかしい。

韓国政府にしても、日韓条約を無視し、やるべきことをやらず、慰安婦問題をすり替えて(韓国軍は慰安婦を使っており、彼らの主張に矛盾がある)、国民感情に訴える。そこに政治はない。ただ自らの地位を守るための保身に過ぎない。竹島問題についても、リ・ショウバンがやった犯罪行為を未だ認めようとしない。それに、テロとか泥棒を容認する、お国柄に問題がある。

ただ、日本の主張は、客観的に見ても正しいとは思うが、相手国に納得させることに力不足を感じる。戦後続いた、トラブルを恐れる外務省主導のお嬢様外交が災いしているとは思うが、それにしても最近の日本の指導者による相手国の指導者の面子を無視した言動が多過ぎる。いくら正しくても、面子をつぶせば、自国の主張は通らないことは明らかなのに。

いくら自国の主張が正しくとも、それぞれの国には、自国の正義がある。その正義は他国から見れば、おかしくとも、一つの見方として成り立つ。国際権力闘争は、正義と正義のぶつかり合いと言うこともできる。

本来、政治家は、正義と正義のぶつかり合いを調整し、乗り越える落とし所を探るべきだが、現在の政治家は、全くできていない。否、むしろ、それを避けている雰囲気がある。まるで子供の喧嘩だ。自国の主張が正しいとしても、清濁併せ呑む度量が政治家には求められる。

*参考

正義について論じた著作では、次のものが歴史的視点で、判り易く解説されていると思う。

 押村高著 『国際正義の論理』(講談社現代新書)

|

« 従業員の心の闇 | トップページ | 望ましい売り切れ御免の飲食業ビジネス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事