« 婚活成功の秘訣? | トップページ | ISO22000(食品安全)の有効性 »

2014年1月10日 (金)

冬の日本食

本日は、氷点下ではないが大変寒い。いつも言っているように寒いのは苦手。そういうことで、身体が温まる食べ物を頂く。最近は、世界無形遺産に登録された「日本食」が話題になるが、流風が作るのは、料理人が作る複雑な食べ物ではなくて、シンプルな料理。つまり、昆布と鰹節の出汁で、酒、みりん、塩(あるいは醤油)で調味するだけ(砂糖を少量使う場合もある)。好いように言えば、素材の味が判る料理。

例えば、粕汁。大根、ニンジン、揚げ、酒粕を刻んで、昆布と鰹節の出汁で煮て、酒、みりん、塩で調味するだけ。これが食卓に上がるだけで、身も心も暖かくなる。

次は、大根と香川産の金時ニンジンと揚げを昆布と鰹節の出汁で煮て、酒、みりん、塩で調味するだけ。あるいは、徳島産の大かぶらと金時ニンジンと揚げを同様に煮る。これらは一度には食せないが、今の時期は、作り置きができるから、少しずつ食する。

そして、昨日は、美味しそうな地元姫路産の里芋とブロッコリーが、直販所で売られていたので、思わず衝動買い。この時期の里芋は子芋。ジャガイモの新じゃが同様、小さい芋は、いつも美味しい。年中は手に入らないので、今の時期の御馳走になる。料理は極めて簡単だ。

皮むきで里芋の皮をむいて、水にさらす。後は、ネギを用意。ネギは自家製だ。適当に切る。昆布と鰹節の出汁に投入して、煮て、酒、みりん、醤油で調味。このシンプルな料理でも十分美味しい。里芋は時期によっては、大きい親芋が市場にでるが、あれは結構ゴリが多い場合がある。今回の里芋の子芋の衝動買いは大正解だった。

そして、ブロッコリーは、房を切り取り、茹でて、毎日、朝食のサラダとして食している。茹でただけだが、何もつけなくても、美味しい。そして、毎日、いくつかの料理をして、作り置きが増えていくが、いつの間にか無くなっている。そのように食欲旺盛だが、体重はコントロールされている。多分、野菜を食する量が、この冬は多いのかもしれない。日本食、万歳。

|

« 婚活成功の秘訣? | トップページ | ISO22000(食品安全)の有効性 »

医・食・健・康」カテゴリの記事