« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

『播磨国風土記』を読む その十三 播磨の酒起源

『播磨国風土記』は、『古事記』同様、編纂されて1300年経つ。兵庫県も、2014年度は盛り上げていく方針のようだ。そういうこともあってか、『播磨国風土記』に記された酒の再現の作業が始まった記事(2014.02.27.神戸新聞)があった。久しぶりに、『播磨国風土記』について記しておこう。

今回、試験醸造するのは、姫路市の田中酒造所で、宍粟(しそう)市一宮町能倉(よくら)の庭田神社に伝わる話を元にしたらしい。庭田神社で採取した酵母と麹菌、播磨産の米と水で仕込んだらしい。蔵人によると果実酒に似た味わいらしい。

さて、この風土記には、酒の話が断片的に色々記されている。「宍禾(しさわ)の郡」編によると、伊和大神が、天日槍(あまのひぼこ)の執拗とも言える追跡を振り切り播磨地域を制圧したことを祝って、一宮町の庭田神社の地で醸した酒を飲んだと云う。

その地を伊和村と言うが、元は「神酒(みわ)」と名付けられたらしいが、それが、後に大神の名を採って伊和村と呼ばれるようになったと記されている。では、当時、酒は、どのように作ったのか。同じく、「宍禾(しさわ)の郡」編の別稿に、大神の「御粮(みかれひ。すなわち、携帯用食糧、乾飯)」が濡れて、カビが生え、酒が偶然醸されたことが記してある。

その他にも、酒の造り方は色々あったようで、風土記には具体的に記されていないが、今から考えると、随分汚いようだが、口噛みして吐き出したもので作ったり、小便をかけたところ酒が出来た話もあるかもしれない。それは、風土記に、酒の泉を発見したと記されていたりすることからも明らかだろう。

何か化学反応しなければ、酒は出来ない。最初に、それを飲んだ人間も大したことだと思う。それら全て、偶然の産物だが、酒呑みの方は、それを見逃さなかった先人には感謝せねばならないかもしれない。

|

2014年2月26日 (水)

薄物のカーディガンを買う

少し寒さが緩んできた。風邪も治ったし、活動しやすい。少し前に、百貨店で、バーゲンをしていたので、薄物のカーディガンを買い求めた。以前は、父の遺品のカーディガンを使っていたのだが、一昨年、そのカーディガンを着たまま、ガーデニング作業をしてしまって、破れてしまった。部分的な傷みであれば、修繕に出すのだが、ちと難しいようなので処分して以来、薄物のカーディガンは持っていなかった。

でも、今のような時期は、ちょっと羽織るものは有難い。たまたま見かけた売り場で薄物カーディガンを衝動買いした。父の持っていたものはカシミヤ製だったが、そんな高価な物は買えないし、流風なら、また破りかねない(自他共に認める壊し屋。苦笑)。結局、混毛製の安物にした。色合いはシンプル。とりあえず、これで今年の春は、凌げる。

|

2014年2月24日 (月)

消費税増税後の行方

消費税が4月から5%から8%になるため、その後の経済状態に対して関心が集まっている。いろんな販売店に聞くと、駆け込み需要が結構多いらしい。金額的に高額になる商品を買われる方は、賢い選択なのだろう。

メーカーによってはフル生産している商品もあるとのこと。流風は、特別、高額商品を買う必要もないし、3%のアップなので、特に対応を考えていない。耐久消費財等に強い駆け込み需要が多いということは、4月以降に強い反動があるということ。消費税が上がった後、耐久消費財分野によっては影響は受けるのは間違いない。

また消耗品に関しても、これは全ての世代に影響を与えていく。消耗品も早めに購入すれば、その分安くなることは確かだが、置き場所に限界があるし、よく考えないと無駄な買い物になりかねない。その辺は諦めの心境。

増税後は、特に高齢者で、国民年金等、低額な年金収入だけに頼っている人は、3%分、節約を強いられるかもしれない。それ以外でも、表面的には気づかないが、見えない形でじわじわと生活に影響を与えていく可能性もある(*注)。

*注

むしろ現役世代の中低所得者の方が大変と思う(概ね、課税所得が500万円以下の人々)。そこで軽減税率の論議が出てくるのだが、この仕組みは、あまり宜しくない。また別の稿で、考えてみたいと思うが、これらの層に対して所得税の減税が一番いいのではないかと思う。

但し、今回の増税ではなく、現在より10%以上増税し、消費税が20%にアップした時と同時リンクした仕組みにする必要があるのではないか。また所得税は、中低所得者以外の課税段階(キザミ)を増やし、税額控除をなくすなどして、税率だけのシンプルな課税体系にすることも求められる。

|

2014年2月20日 (木)

困った靴下のサイズ

下着、靴下、タオルとかは消耗品なので定期的に買い替えるのだが、下着とか靴下の場合、サイズが合わないことがある。下着の場合、Lサイズを買っているのに、実際はMサイズのことが度々ある。ただし、これは、あるメーカーの商品のみだ。

ただ、靴下の場合、なかなか自分のサイズに合った靴下が無い。流風は標準的サイズなので、本来、困ることが無いはずなのだが、靴下の場合、生ずる。なぜかと言えば、例えば、表示サイズが、「25センチ~27センチ用」などと表示されている商品が非常に多い。これはスーパーで販売されているものだけが、そうなのかと思ったが、百貨店でも同様である。

人の足は、季節により、ある程度伸び縮みしていると思うが、それでも、この範囲は大きすぎる。足より、小さい過ぎると窮屈だし、大きすぎると、弛んでくる。靴の場合は、0.5センチきざみで販売されているのと比べると、靴下業者は手抜きしているように感じる。

確かに、いろんなデザインの靴下を、サイズ細かく揃えるとなると、その在庫コストは馬鹿にならないのかもしれない。それでも、品種を限定すれば、それは可能だろう。また、市場の規模をサイズごとに割り出して、それに合った量を提供することも出来るだろう。それに今はコンピューター生産であれば、多少手間はかかるが、様々なサイズを揃えることが可能ではないか。靴下業者の善処を求めたいものだ。

|

2014年2月16日 (日)

問われるNHKの独立性

NHKの新会長や新委員の偏った意見を述べたことには、違和感を覚えざるを得ない。また会長や各委員が、それぞれの考え方を持っているのは致し方ないが、一旦、公共の放送のトップや委員になれば、自制が必要だ。それが出来ないなら、彼らは辞めるべきだろう。歴史や社会の出来事は、色々な側面を持っており、多面的に捉える必要がある。

そもそも、彼らが政権の意向を汲んだ人事であることが、それを引き起こしている。それに残念ながら、彼らは概して品が無い。政権が関与する現在の選定方法に問題があると言わざるを得ない。問題の核心は、ここにある。

またNHKが政府のお抱え放送局になってしまっては、公共放送の意義が失われる。むしろ、NHKは、客観的に国の政策を国民に代わってチェックしていく必要がある。NHKは国民のために存在するのであって、それがため受信料を納めている。

よってNHKの独立性が失われるような発言をする会長や委員は、いらないということになる。彼らが、自分の主張や意見を通したいのなら、NHKの会長や委員を辞任して、別の機関を通じて発信していくことだ。

*追記

現政権に、NHKを政権の意思通りにしたいという思惑が強く働いているのは確かだろう。その動機付けは、中国や韓国が悪意を込めて、世界に日本の悪口をばら撒いているので、それに対抗したいのだろう。

ただ、そのようなことをしても、イタチごっこになりかねない。むしろ、もう一段高い視点を持ち、歴史的史実は、国を離れて客観的に内外に報道する機関が必要であるという認識が必要だろう。政権がNHKを取り込めば、逆に、そういうことができなくなって、国のためにも、ならないだろう。

*平成26年2月20日追記

籾井勝人NHK会長の国会答弁を聞いていると、最早、辞任をさせるしかないだろう。外交にとっても、障害になる。それにしても、みんなの党、日本維新の会といい、質問が生ぬるい。これらの政党は、賞味期限が終わったようだ。

*平成26年2月20日追記

安倍首相が、籾井勝人NHK会長に「公私を峻別して話すべきだ」というような話をしたようだが、NHK会長のような職責にある者の発言に、公私の区別はない。首相の認識不足と思う。あまり擁護しすぎると、自らの任命責任が問われることになるだろう。

|

2014年2月10日 (月)

ゴーストライターが支える世界

某自称全聾音楽家がゴーストライターを使っていたことが明らかになり、マスコミは大騒ぎしている。確かに、全聾が嘘だったとしたら、経歴詐称によって消費者を惑わせた詐欺行為と言えなくもない。ただ、彼がゴーストライターを使ったことは、そんなに問題だろうか。少なくとも、彼はディレクター的な役割を果たしており、自分で作曲が出来なかったとしても、全くの丸投げではないだろう。

「ゴーストライター」が支える世界は、広く世間を見渡せば、多く見受けられる。例えば、日本画の世界は、今は知らないが、昔は、作者が構想を練り、多くは弟子に描かせている。でも、名前は代表者しか残っていない。それは有名な仏像もそうであろう。

現代でも、芸能界では、よく見られる事象だ。文化産業ではないが、流通産業等がオリジナル商品として、プライベートブランドを出している。その商品レベルは様々だが、自社で製造していることはないだろう。自社で企画している場合は、まだいいが、設定価格だけ下請けに提示して、丸投げの場合も多いと思う。彼らの商品には、下請けの名前は記されていない。よって、「ゴーストライター」が支える商品と言えるだろう。

また、多くの大手メーカーも、自社製造以外に、下請けを使っている。これらも極論すれば、「ゴーストライター」が支える商品と言えなくもない。商品を自社で検査している企業もあるが、大抵が問題を起こせば、下請けに責任をなすりつける。本当は、これらの企業がメーカーとは言えないだろう。

もっと分かりやすい例を挙げれば、ファッション商品は、ほとんどそうだろう。有名なブランドファッション企業は企画はしても、デザイン、縫製などは下請けを使っている。また下請けの提案を受けて、市場に出している場合もある。今回の、作曲家とゴーストライターとの関係と非常に似ている。

私達の周りには、「ゴーストライター」が支える企業が作った商品で溢れている。しかしながら、結局は、消費者が価値を認めるかどうかに尽きる。すなわち商品次第ということになる。今回の問題は、某作曲家の詐称とゴーストライターの作った作品そのものに問題があるのだろう。

専門家によると、彼の作品は、西欧の有名な曲をアレンジしたものに過ぎず、オリジナル性もないとのこと。消費者の失敗としては、障害者への同情から商品を購入し、その商品価値を、きちんと見定めていなかったと言うことだろうか。残念ながら、彼らは、ブランド商品というだけで、高い金を出し、商品価値を見定めずに購入する人たちと似ている。

私達は、もっとモノやサービスの価値を正しく評価し、きちんと把握する努力が求められる。モノやサービスが作られるプロセスも大事だが、基本的に結果が大事。全聾の詐称は問題だが、下積みのゴーストライターを大問題にするのは止めようではないか。

|

2014年2月 5日 (水)

官兵衛ゆかりの地めぐり案内(S)

大河ドラマ『軍師官兵衛』は、最近の大河ドラマにしては、割とテンポよく進んでいる。最近多かったダラダラ進行はないし、学芸会的要素も比較的少ないのは評価できる。ただテンポが速く、高齢者の一部には、話について行かれない人もいるようだ。対応するには、ある程度の予備知識は必要。NHKからドラマ解説書が出ているので、それを読んで全体の流れと登場人物の把握をしておかれてはと思う。

さて、ドラマが進むにつれて、官兵衛ゆかりの地やロケ地に行ってみたいと言う人もいる。そこで、姫路市では、「ひめじ官兵衛プロジェクト推進協議会」と「姫路観光コンベンションビューロー魅力発掘ワーキングチーム」が、「黒田官兵衛ゆかりの地めぐり」のパンフレットを用意している。コースは6通りのパンフレットが用意されている。姫路観光案内所とか官兵衛関連施設に置いてある。内容は丁寧で判り易く、よくできていると思う。コースは次の6通り。

 一、広峰コース 所要時間  60分

 ニ、妻鹿コース 所要時間 105分

 三、御着コース 所要時間  50分

 四、書写コース 所要時間 120分

 五、英賀(あが)コース 所要時間 65分

 六、青山コース 所要時間90分

姫路は神戸のように狭くないので、全てを回り切るには、一日では無理かもしれない。持ち時間に合わせ、好きなコースを選択して、タクシー、電車、パスを利用し、無理のない、ゆかりめぐりを楽しんで欲しいと思う。

そういうのは面倒くさいと言う人は、「黒田官兵衛観光タクシー」を利用するのもいい。貸切で1台定員4名。様々なコースがあり、所要時間は1時間半から4時間で、料金は6600円から17600円まで。認定ステッカーが貼ってあり、運転手による案内、説明がある。問い合わせ先は、電話079-298-1296まで。

なお神姫バスでは、パスを多く利用するための人向けに、「ひめじ攻略官兵衛きっぷ」を販売している。乗降利用範囲は限られるが、何度も乗車する人には料金は割安だ。弐種類あり、壱日券と弐日券がある。壱日券は大人600円、小人300円。弐日券は大人900円、小人450円。問合せ先は神姫バス姫路駅乗車券発売窓口(神姫バス姫路バスターミナル内)で、電話079-289-1189。

ドラマも佳境に入っていく。官兵衛ゆかりの地を訪れて町歩きを楽しんで欲しい。

*注意

この記事はスポット投稿のため、いずれ削除します。

|

2014年2月 3日 (月)

望ましい売り切れ御免の飲食業ビジネス

少し前に、外食産業の食材偽装表示が問題になっていた。ただ、これは氷山の一角だと多くの人が認識している。それほど、一面では、この業界はいい加減な体質を持っていると指摘できる。良心的に見れば、業界が変に少し無理をしている面もある。その結果、内部矛盾が生じているとも言える。少なくとも、今までは、そういうことをオープンにせず、それで通って来た。その理由には、いろいろ挙げられるだろう。

以前にも記したが、飲食業は基本的に規模を大きくできない。生ものを扱うことに加えて、受け身のビジネスであるため、需要は、変動が大きく、いろんな意味で、これに対応するには負荷が大きい。競争環境も厳しい。これに対して、無理に対応しようとすると、偽装問題になったり、従業員の低賃金、長時間労働時間になったりする。

これは顧客満足を得るためには仕方ないという見方もある。だが、そういうやり方は、長続きせず、いつか破綻することは目に見えている。ビジネスに無理があるのであれば、ある程度、顧客と折り合いをつけることが大切だ。残念ながら、ライバルを意識しすぎて、それに経営者が、踏み込めていない。

だが、真っ当なビジネスをして、従業員も普通の働きで成果を挙げることはできないものか。基本的には、顧客の納得が得られれば、それは可能だろう。例えば、売り切れ御免ビジネスの徹底だ。仕入れた材料が切れれば、店を閉めるというものだ。そんなことをすれば、顧客を失い、機会損失が拡大すると言うかもしれない。

しかし、ビジネスはマラソン。顧客満足のために、無理に対応し続ければ、どこかに弊害が生じる。無理な価格設定になったり、それを維持するために、いい加減な食材の調達になったりする。そして従業員が疲労困憊になる程働いても、それだけの報酬が得られなければ、やがて去っていくだろう。それはビジネスの失敗だ。人員は、いくらでも補充できると強がっても、ロスは大きいし、組織も強くはならない。やがて顧客は去っていく悪循環に陥る。

機会損失にしても、味の評価が高ければ、顧客は、何としても食したいと、それなりの対応を考える。味が普通で、自信が無いと、価格を安くしないと客を失うと考えがちだ。それは順序が違う。差別化戦略は必要だが、中長期的に適正価格で正しいビジネスをした方が、継続企業になる。価格は納得させられるかがポイントだ。すべでは無理だろうが、売り切れ御免のいろんなタイプの飲食業が溢れれればいいと思う。そのためには、やはり規模は大きくしていならないだろう。

*追記

飲食業の中には、ファストフードサービスのように大量生産、大量販売している業界もあるが、この形態は飲食業と言うより、製造業の直販に近い。よって、彼らと同じようなやり方を一般の飲食業はしてはならないだろう。

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »