« ロシアとの関係が招く悪夢 | トップページ | 室内に咲く“夜桜” »

2014年3月28日 (金)

一芸と多芸

一芸に秀でると、専門バカなど揶揄されながらも、その分野で第一人者になりうる。他方、何でも卒なくこなす人々は多芸と呼ばれ、羨ましがられるが、真のトップにはなれず、人に使用されることになりがちだ。それは別の言葉で器用貧乏とも言われる。

もちろん、全ての人が第一人者になれるわけでもない。それに一芸に秀でると、往々にして、硬くなり、世間の流れについて行けず、つぶしが利かない。組織に於いては、コスト的に、つぶしの利く人材も必要だ。

だから、一芸だけが絶対いいとも言えず、多芸が悪いとも言えない。多くの人は、その中間に位置している。世間の風潮に流されないことが大切と思う。時々、自分自身を分析して、自分が、どの立ち位置がいいか再確認してみるのもいい。第一人者になるのもいいが、人に使われる人がいて、世の中は成り立っている。

|

« ロシアとの関係が招く悪夢 | トップページ | 室内に咲く“夜桜” »

考え方」カテゴリの記事